新人研修で名刺交換の練習をきちんとしてくれる会社もあると思いますが、前職は名刺が必要じゃなかった転職者や研修のない会社の場合は困りますよね。

名刺交換くらいできて当然と思われていそうで「教えてください」となかなか言い出せない人もいるのではないでしょうか?

知識でわかっていても、いざ取引先の前ではスムーズにできるのか心配という方もいるのでは?

 

恥ずかしいなどといっている場合ではありません。実践あるのみ!

今すぐ、名刺の正しい交換方法を学んで、身近な人と練習してみましょう!



名刺の基本的な交換方法とマナー

よく言われるのは、名刺はその人自身と同じくらい大切なものということ。

ですから、いただいた際には、大事に扱いましょう。

まずは、この基本的な名刺の位置づけを念頭に置いておいてください。

 

それでは、正しい名刺交換のポイントを確認してみましょう。

 

名刺は相手より先に受け取らない

こちらが目上である場合は先に受け取っても構いませんが目下である場合、先に受け取ってはいけません。

ビジネスにおいては基本的に訪問者が目下になりますので、まず自分から名を名乗るという謙虚さを持って、先にこちらからお渡しするようにしましょう。

目下・目上というのは年齢ではなく、立場のことを指します。

  • 訪問する(目下)・・お金(仕事)を貰う側
  • 訪問される(目上)・・お金を払う(仕事をお願いする)側

 

ただ、お互いが謙虚すぎて名刺交換がなかなかスムーズに進まない場合には、同時に交換という方法もあります。

その際は右手で自分の名刺を差し出し、左手に名刺入れを持って、名刺入れの上で相手の名刺を受け取りましょう。

 

 

名刺の具体的な渡しかた

名刺はすぐに渡せるように用意しておきます。

相手のそばへ行き、相手の目を見て社名、部署、氏名を伝えながら、相手の手の位置より低い位置から渡します。決してテーブル越しなど相手から離れたところから渡さないようにしましょう。

渡す時は両手で持ち、名前や部署などが指で隠れないように文字を相手に向けて渡します。

 

相手が複数いる場合の名刺交換の仕方

相手が複数いる場合には、目上の人、役職が上の人から渡して行きましょう。

3人の会社員

こちら側の偉い人が相手側の偉い人から①→②→③の順で渡していきます。

 

こちらの偉い人が相手の2番手に行ったらこちらの二番手が相手の一番偉い人に渡します。

 

最後が三番手。

 

名刺を受け取ったあとは?

名刺を受け取ったあとは、すぐにしまわずに、商談中はテーブルの上に置いておくようにしましょう。

その際、直接テーブルの上に置くのではなく名刺入れの上に置くようにします。相手を座布団の上に座っていただくイメージですね。

相手が複数いる場合には一番偉い人の名刺を名刺入れの上に置きます。名刺は重ねず、名前を間違えて呼んでしまわないためにも、席順に名刺を並べておくと失礼にならず安心です。

 

スポンサードリンク


こんな場合どうする? 気をつけるべき点は?

 

■名刺が手元にない

予定に入れていた打ち合わせの際に名刺を切らす、忘れるというのは論外ですが、突発的な商談が入った時など、たまたま名刺が手元にないときもあります。

そんなときは、「忘れた」とは言わずに「あいにく只今名刺を切らしておりまして」と伝え、後日改めて持って行くか、送るようにしましょう。一筆商談の感想なども添えて名刺を送れば、好印象を与えられる可能性もあるかもしれません。

 

■相手の名前の読み方がわからない

珍しい苗字や複数の読み方のある人の場合、その場ですぐに確認すれば失礼に当たりません。

「珍しいお名前ですね! 何とお読みするのですか?」

「わたなべさまでよろしいですか? それともわたべさまでしょうか?」

など一言聞くことで、商談前に少し打ち解けた会話ができるかもしれません。

 

これだけは気をつけたい
社会人としてありえない名刺交換の御法度

常識的に考えればどれも失礼にあたると分かることですが、改めて確認しておくと安心です。

  • 座った状態で名刺交換をする
  • 名刺入れケースを持たず、直接ポケットや財布に名刺を入れている 名刺が汚れたり折れたりしてしまいます。むき出しのまま名刺を持っているのはマナー違反です。
  • 片手で名刺を受け取る 名刺はその人自身です。敬意を持って両手でしっかり受け取りましょう。
  • 相手の名刺に書き込みをする 相手を汚すことになります。
  • 相手の名刺を置き忘れる 商談が終わりほっとして、せっかく頂いた大事な名刺を忘れないように気をつけましょう。

 

まとめ

ちょっと複雑なところもありますが、どれもすぐに実践できるルールですよね。

少しの努力で相手へ好印象を与えるチャンスとなる名刺交換。ぜひ正しいマナーを覚えてスムーズな取引につなげましょう!

 

必要以上に怯えることなく、どんどん積極的に名刺交換をして、できるビジネスパーソンに成長できるといいですね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■