長島温泉、湯あみの島というと、大人のお値段2400円とお高くて、わたしたち貧乏家族には無縁とおもっていましたが、会社の福利厚生で少し安く行けることを知り行ってきました。

ランチバイキングなど、美味しそうなものが沢山で、結局沢山お金を使いましたが、家族みんなで一日楽しく過ごせました。



湯あみの島の美容系のお風呂で美肌に期待!

 

女性には、すごく楽しいんじゃないかなと思うのは、美容系のお風呂がいくつもあること。
『炭酸風呂』は特に感動です。

炭酸のお風呂は、近くのスーパー銭湯にもありますが、湯あみの島の『炭酸風呂』は、炭酸の量が違って威力がすごい!本当にサイダーの中した。

血行が良くなりすぎて、のぼせるかと心配しながらも顔までどっぷりお風呂に浸かってきました(笑)

 

あとはシルクの湯というのもあり、小さな気泡がお湯を白く濁らせているお風呂でお肌がツルツルになります。本当に優しいシルクの湯!というかんじでした。

 

ちょっと驚いたのは、露天風呂。
森林の中のような、けっこう広いお庭に露天風呂が数種類あるのですが、そこを裸でウロウロ歩き回るのです。

最初はちょっと恥ずかしく抵抗があったのですが、子供たちは楽しそうだったので、わたしも一緒に行くことに。裸でウロウロしながら次々と露天風呂を渡り歩くのですが、解放感あふれるというか、最終的に裸族になった気分でした。

 

スポンサードリンク


子連れでも安心な大広間での食事

そんな裸族になった衝撃的な話を家族と分かち合うために、大広間で集まり演歌歌手さんの歌やトークを聞きながらの食事。

そういった雰囲気のためか、若い子たちの集まりは少なく家族連れが多い印象です。子供たちがゴロゴロしたりしていても、回りが気になることもなく安心して食事を楽しめました。

湯あみの島内のお店のメニューは大広間で食べれるので、ラーメンをお風呂上がりに大広間で食べたのですが、これもまたすごく美味しい!

 

また行きたい!と思う、休日のリラックスタイムでした。

数日間お肌もツルツルでしたよ。

 

湯あみの島は遊園地やプールなどを利用すると割引料金で利用できます。

良かったら料金などご参考にしてください^^

ナガシマリゾート料金表

 

住所:〒5111135 桑名市長島町浦安333電話番号0594-45-1111(湯あみの島)

URL:http://www.nagashima-onsen.co.jp/yuami/index.html/

営業時間:10:00~23:00 (受付22時まで) ※時期により変動あり休業日6月下旬、1月下旬頃の平日5日間にメンテナンス休業あり。

アクセス:JR関西線、近鉄名古屋線「桑名駅」から三重交通バスにて約20分終点「長島温泉」下車、名古屋駅バスセンターより直通バスあり

車でのアクセス:東名阪自動車道「長島IC」から約15分または、伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」降りてすぐ

駐車場13,000台 (1000円/乗用車1回1台)

 

スポンサードリンク