愛知県碧南市にある、明石公園はちょっと我が家から距離があるのですが、近くに水族館やレジャー施設などもあり公園に飽きたらそっち!と、行ける場所も多いのでよく利用します。

明石公園は保育園入る前のお子さんから小学生の高学年になっても充分楽しめる公園で、しかも駐車料金や入園料も無料!

ぜひ行ってみてほしいレジャースポットです。



明石公園は乗り物がすべて100円!

駐車場から大きな道路を歩道橋で越えて公園に着くのですが、車好きな子供は歩道橋の上から車を眺めたりしています。歩道橋も広く明るくてかわいいので、写真を撮ったりするのもおすすめです。

 

園内の遊園地は絶叫マシン等はありませんが、小さな子供にとってはみんな “絶叫物” のようです(笑)

「こわい!乗りたくない!」と嫌がる子供を説得して乗せてみると「なんだこんなもんか!」と、余裕の表情の子供達。乗れたぞ!と得意気な表情が可愛い^^

 

 

 

ゴーカートやメリーゴーランド、観覧車など乗り物もたくさんあるので1日楽しめますし、空いているので待ち時間なんかも無いです。

ですが、たとえ100円でも、いくつも乗ると大きい遊園地と変わらないくらい乗り物代かかります。歩道橋の下辺りに券売機があるので11枚で1000円の券を購入しておくとちょっとお得です。

ちなみに未就学児は保護者の付き添いが必要。3歳以上であればすべての乗り物に乗れます。あと、券が利用できない乗り物もあります。

 

詳しい乗り物などはこちら

http://www.city.hekinan.aichi.jp/akashipark/shisetsu.html

 

明石公園内での休憩や食事など

 

公園の中心辺りに売店があり、その周辺にはベンチやパラソルがあります。売店ではヤキソバやラーメンのような軽食や、かき氷やソフトクリームなどが販売されてます。

家から持ってきたお弁当をそこで食べても大丈夫です^^

 

園内にはベンチや椅子などがあちこちに置いてあるので休憩場所には困りませんが、途中で寝てしまった末っ子さんや、お昼寝パパさんは室内で遊べる場所などに移動すると暑さ寒さを多少防げます。

 

休憩したいのは大人だけかも知れないので、ベンチに座って子供達がどこにいるか確かめながら、ゆっくりしたほうがいいかも知れませんね。

 

スポンサードリンク


 

遊具で遊べるトリムの森

第二駐車場から降りてすぐの場所に「トリムの森」というのがあります。

滑り台やクニャクニャ平均台など、体を動かして遊ぶアスレチックのような場所です。広場などもあり、ボール遊びなどもできます。

こちらで遊ぶ時はレジャーシートがあると便利です。春は桜を楽しむ事ができますよ!

 

まとめ

 

碧南明石公園の回りには水族館や、プール、噴水の出る運動公園等が車で少しの距離にあり、飽きたら移動できることも嬉しいです。

車移動の途中で子供達が寝てしまっても、またどこかの公園に車を泊めて自分も一寝入りなどしても、名古屋や街と違って駐車場代もかかりません。

子供が大きくなると少し物足りなく感じる乗り物ですが、トリムの森に移動すればアスレチックなどで充分楽しめると思います。

 

明石公園

  • 入園料:無料
  • 駐車場:無料
  • 休園日:毎週月曜(祝日の際は翌日)、12月29日~1月1日

アクセスはこちらを御覧ください

http://www.city.hekinan.aichi.jp/akashipark/access.html

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■