県庁というと、かなりお固いイメージで、あまり楽しむところなんて無さそうな気がしますが、意外とそうでもありません。

色んな場所が見渡せる展望ホールや近隣にある公園など、あまりお金をかけなくても十分に楽しめるスポット。

ぜひお弁当をもって遊びに行ってほしい場所です。



群馬県庁は関東を見渡せる絶景スポット!

 

群馬県庁は群馬県の県庁所在地である前橋市にあり、地上33階建ての庁舎です。利根川の流れのすぐ脇に建てられていて、県内を走る高速道路や新幹線、鉄道等からも望む事ができる、まさに群馬県の中心です。

お正月恒例の実業団駅伝のスタートとゴール地点がこの群馬県庁となっています。

 

一般開放されている群馬県庁のエリアは地上32階にある展望ホール、31階にある展望レストラン、1階にある県民ホール等が有ります。

32階にある無料展望ホールには庁舎内に2機有る高速エレベーターに乗り2分程で到着できます。展望ホールからの眺めはとても素晴らしく、南側は関東平野が一望でき秩父連山や天気が良ければ富士山も見る事が出来ます。

一方北側は赤城山や榛名山はもちろん、谷川連山も望む事が出来ます。特に冬の季節には遠く雪に覆われた山並みが絶景。

さらに東側は眼下に広がる前橋市の街並みの先に赤城山の裾野、さらにその先には茨城県にある筑波山が見えます。群馬県庁の夜景は「夜景100選」のひとつなので、昼もいいですが夕方から(特に夕日)夜にかけてもぜひ見てほしい景色です。

 

スポンサードリンク


 

おすすめの食事やイベントなど

 

31階には欧州料理や日本食料理のレストランがありますが人気が高く、予約で埋まってしまう事があります。特に欧州料理のヴォレ・シーニュの咖喱飯はスパイシーで美味しいです。

 

1階の県民ホールでは様々なイベントが行われています。主なイベントの内容としては群馬の特産品や産業を題材にした物や、群馬の自然や山を題材にした物が多く、様々なプレゼント等も用意されていることがあります。

開催されるイベントについては県庁のホームページにアップされておりますので、興味ある方は事前に確認されるといいと思います。

群馬県庁ホームページ

 

群馬県庁となりの前橋公園

 

群馬県庁のすぐとなりにある前橋公園の中心部には「鶴の形」をした池が有り、これは群馬県の形が鶴が飛ぶ姿に似ている事から作られた物なのだそうです。

その形は池のほとりからではよく分かりませんが、先ほどの群馬県庁32階の展望ホールからならその形を確認する事が出来ます。

前橋公園は、規模は大きいのですが訪れる人が余り多く無くとても閑静です。

 

特にお薦めなのは春の桜の季節と秋の紅葉の季節。公園内で火を使う事はできないので、バーベキュー等はむりですが、池の回りのベンチや噴水の脇でお弁当等を広げゆっくりと食事等するには最適です。

少し足を延ばせば利根川の流れを目の前で見たり、県内有数の「バラ園」等の散策も可能です。

 

是非、群馬県庁とその周辺の公園を楽しんで見てください。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■