よく、「生まれたての赤ちゃんには虫歯菌は存在せず、親などの親近者から伝染ることで虫歯菌(ミュータンス菌)は子どもの口の中に住み着く」と言われていますよね。

親としては当然虫歯菌など子どもにうつしたくはありません。

ですが、頑張りすぎても疲れてしまいますよ。



子どもの虫歯菌は大人から感染!
3歳まで気をつければ大丈夫伝説について

虫歯菌が感染しやすいのは1歳7ヶ月~2歳7ヶ月頃までで、その時期は同じ食器を使ったり大人が口を付けたものを食べさせたりなどはしないほうがよく、この頃までに虫歯菌の感染をなるべく抑えるようにすれば虫歯菌の活性が低くなると。

そう言われています。

虫歯菌の多い・少ないや、感染した年齢によって虫歯になりやすいかどうかが変わってくるのでしょう。そう考えると、確かに「ちょっと気をつけてあげないとな」と思います。

 

でも、虫歯菌の感染って100%防ぐことは出来ないと思いませんか?

どんなに気をつけていたとしても会話中に唾液がとんで口の中に入るかも知れないし、子どもは何でもすぐに口の中にいろんなものを入れるし、旦那さんやじいじ・ばあばの理解が得られるとも限りません。

過度に気をつけすぎることは家庭内のトラブル(口論)に発展することもありますし、イライラもします。虫歯菌に感染させないことも大切ですがそればかりに囚われていても良くないと思うのです。

気にしすぎてスキンシップもままならない、お母さんイライラしてる・・では本末転倒のような気がします。

 

スポンサードリンク


 

子どもを虫歯にさせないためには

 

完全に虫歯菌をうつさないようにするのは難しいです。だから今後虫歯にさせないために「やってはいけないこと」「やらなくてはならないこと」をしっかりと教えてあげる必要があります。

それは歯磨きおやつのダラダラ食べです。

子どもの歯磨き

歯磨きを嫌がる子どもは多いですが、DVDや幼児向けテレビ番組などで歯磨きの事をやっている時は見せながらお話してあげましょう。(しつこくならないように注意)

楽しい環境で歯磨きをすれば嫌がることなくやらせてくれます。

わたしがよく使った手は、アンパンマンとバイキンマンの人形を使って小芝居し、その後アンパンマンが優しく歯磨きをしてくれる・・というものです(^_^;)

もう少し言葉が発達してきた時には、口の中を見て

「あ!ここに虫歯菌がいる!!(鏡をみせながら)ほらあそこ!あー、歯の隙間に隠れちゃった・・今から退治してあげるね!取れたら見せてあげる!」

などといって歯磨きし、磨いた後の歯ブラシを見せてあげてました。当然虫歯菌など見えるはずありませんが、そこはノリで切り抜けます。

一度嫌だと思われてしまったらその後はどう頑張ってもイヤイヤされてしまうので、歯のない時期から歯ブラシを口の中に入れる練習をしておくといいかも知れませんね。

また、歯医者さんも定期的に受診して虫歯チェックをしてもらうのがおすすめです。これは歯医者さんに慣れておくという意味合いもあります。

虫歯になってしまってからいきなり歯医者に行って歯を削られたんでは嫌になって当然ですから。

 

おやつのダラダラ食べをしない

おやつは一時的に子どもが静かにしてくれるので、ごまかしアイテムとして非常に重宝しますが、与え過ぎはどうしても虫歯になりやすくなってしまいます。最悪、食べながら寝てたりなんてこともありますし。

口の中は普段中性に保たれていて、唾液の分泌によって再石灰化が促されます。

口の中にいつも食べ物が入っている状態は口の中が酸性に傾きやすいため再石灰化が追いつかず、虫歯になりやすい環境になってしまうのです。

 

まとめ

園児

 

虫歯菌が感染しやすい年齢は1歳7ヶ月~2歳7ヶ月頃まで。でも100%防ぐことは出来ないので、普段からの歯磨きや歯科検診など虫歯にさせないためのケアと、万が一なったとき子どもが嫌がることなく治療出来るように慣れさせておくことが大切。

いつまでも口の中に食べ物が入っていることのないように規則正しい生活リズムを心掛け、親もおやつに依存しないように注意しましょう。

また、親などの親近者も口内環境を整えておくようにすると虫歯菌感染のリスクを少なくできます。

うちの子どもはもう幼児ではありませんが、当時はわたしも虫歯菌をうつしたくなくて少々必死になっていた部分があります。ですがいくら頑張っても周りの理解が得られない限り厳しいなと感じました。

 

ということで、少しでも頑張っているお母さんのお役に立てましたら幸いです。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■