小指の付け根が痛いと感じた場合は、いろいろな原因がありますが、真っ先に疑ってほしい原因はスマホです。

放っておくと、骨が変形してしまうかもしれません。

 

その他にも指の付け根が痛くなる原因はいろいろあります。

今回は指が痛くなってしまう、考えられる原因をまとめました。



小指が痛いのはスマホが原因?

 

最近は携帯がスマホに変わり、片手で操作するときにスマホを片手の小指で支える人も多いと思いますが、そうすることで小指の付け根に毎日少しずつ負担をかけていきます。

特定の指に負荷をかけることで、指の形が変形してしまう「テキストサム損傷」になってしまう恐れがあります

「テキストサム損傷」はスマホ利用者に多いことから別名「スマホ病」とも言われていて、主に小指の真ん中(第一関節と第二関節の間)が凹んだように変形します。

「テキストサム損傷」は一度なってしまうと治らないそうなので、持ち手をこまめに変えるなどして小指だけに負荷をかけないように気をつけるようにしましょう。

対策としてバンカーリングなどを使用すると、指への負担をかなり減らすことができます。

 

手指が痛くなるスマホ以外の原因

 

指が痛くなってしまうのは色々な原因や理由があります。

スマホの持ち方などに心当たりがない、もしくはいつまでも痛みやしびれが引かないなどの時は別の理由が考えられます。

腱鞘炎

聞いたことや、なったことがある人はいるかと思います。

腱鞘炎の症状としては、指を曲げづらく伸ばしにくいなどや、曲げ伸ばしに痛みがあるということ。動かすと音が鳴ったり指の付け根が痛くなります。

原因は、指の使い過ぎ

パソコンやスマホ、家事などで指を長時間にわたり使うことで炎症が起きてしまいます。

スポンサードリンク


変形性手関節症

物を掴んだりつまんだりするときに痛くなったり、関節が腫るなどの症状があります。

原因は長時間による手作業で、指をたくさん使うことが直接の原因ですが、加齢や女性ホルモンの低下なども原因の一つです。

ガングリオン

症状として、指の付け根に米粒のようなコブができます。

触らなければ痛くないですが、手を動かしたりすると痛みや違和感が出てきます。

原因ははっきりとはしておらず、手の使い過ぎによるきっかけが原因だろうといわれています。

 

スポンサードリンク


手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

繋いだ手

 

痛みはありませんが、朝と夜中にしびれが起こったり手がこわばったりします

仕事やスポーツで手を使いすぎたり、骨折によるむくみが原因と言われていますが、原因はハッキリとはわかっていません。

女性に多く見られるため、女性ホルモンが関係していると考えられています。

肘部管症候群

指のしびれの他に、肘を曲げると痛みやしびれが強くなり、小指や薬指が動かしにくくなります。

仕事やスポーツで肘を使ったり、過去にひじを骨折していることなどが原因だといわれています。

スポンサードリンク


まとめ

 

スマホは便利ですが、過度に使用すると手指に負担をかけてしまうことがあります。持ち手を変えたりバンカーリングを使うなどして指の負担を減らしてあげましょう。

もしスマホの持ち方などに心当たりがなく、しばらくしても痛みやしびれなどが治まらない場合は整形外科などの専門医を受診してくださいね。

 

スポンサードリンク