スマホの長時間の使用やパソコン作業。現代人の眼は疲れています。

仕事が終わった後などピントが合いにくかったりしませんか?疲れ目を放っておくと頭痛や肩こりなども連鎖して引き起こしますし、一晩寝ても疲れが取れない眼精疲労に進行してしまう可能性も!

ちょっと「疲れたなぁ」と思ったら手軽に試せるツボ押しでこまめに眼の疲れを緩和しましょう。



目の周りにあるツボ

目の周りには疲れ目に良いとされるツボがいくつもあります。指の腹を使って優しく、気持ちいいと感じるくらいの強さで数回押してみましょう。

目を突かないように気をつけてくださいね!

 

①淸明(せいめい)

淸明

 

鼻の付け根にあるツボで、目頭のやや上にあります。人差し指と親指で挟むように押すと押しやすいです。

疲れ目解消や目の充血やかすみ、他にも近視などの屈折以上や緑内障・白内障などの眼病予防にもいいそうです。加齢とともに詰まりやすくなるという涙点(涙の出口)を詰まりにくくする効果もあるようです。

 

②攅竹(さんちく)

攅竹

 

眉の先端にあり、頭痛の緩和や視力低下、瞼の痙攣、老眼の予防に効果的なツボです。少し下から上にもちあげる感じで押すと押しやすいかも知れません。

眼の周りのむくみなどにもいいようですよ。

 

 

 

③魚腰(ぎょよう)

魚腰

 

眉の真ん中あたりにあり、パソコン作業などの長時間同じものを見続けることで緊張状態になってしまった外眼筋を刺激し緊張を緩和します。

疲れ目だけじゃなく老眼や乱視、さらには白内障にも効くと言われるツボ。

 

 

スポンサードリンク


④絲竹空(しちくくう)

絲竹空

 

眉毛の終わりの少し凹んだところにあるツボ。目の周りの緊張をほぐし、気分をリラックスさせます。

視力回復や眼精疲労、眼の充血、偏頭痛にもいいようです。このツボは押し続けるよりも2~3秒間隔で押したほうが効果的です。

 

 

⑤太陽(たいよう)

太陽

 

こめかみにあり眼精疲労や目の疲れによる頭痛の緩和、近視や老眼にも効果がある、別名「眼医者殺し」と呼ばれるほど効果が高いツボです。

効果が高いツボなので強く押しすぎないように注意してください。

 

 

⑥承泣(しょうきゅう)

承泣

 

眼の中央のすぐ下にあるツボ。疲れ目や近眼などに効果が期待できます。

押すことで目の下の血行が良くなるので目の周りの血行不良で起こる青クマにも効果的です。

 

 

⑦陽白(ようはく)

陽白

 

魚腰から2cmほど上にあるツボで、眼の周りの筋肉のの緊張緩和、眼精疲労、頭痛の緩和、その他にも蓄膿症にも効果があります。

その他にもリフレッシュやシワの予防にもいいのだとか。

 

 

 

耳たぶにあるツボの名前は”眼”

耳にあるツボ

 

耳たぶの真ん中よりやや下にあるツボで、疲れ目、乱視や近視、ものもらいなどに効果があると言われています。

 

手にも疲れ目に効くツボがある!(合谷・眼点)

手のツボ

合谷(ごうこく)は、親指と人差し指の骨が合流している所にあるツボ。眼精疲労や、目の疲れからくる頭痛などを緩和します。その他にも風邪の初期症状、歯痛、肩こり、ストレスなどにも効果的です。

眼点(がんてん)は大骨空(だいこっくう)ともいい、親指を曲げて山になった関節のくぼんだ所にあるツボです。OA機器などが原因で起こる目の痛みや充血などに効果があります。痛いほうの目の側の親指を押すのがいいでしょう。

 

 

風池は首のうしろの万能ツボ

 

風池(ふうち)は襟足の近く、髪の毛の生え際にあるツボです。首や肩のこり、疲れ目、特に頭痛に効果があります。

不眠や二日酔いなどにもよく、万能なツボといえます。

 

 

 

まとめ

疲れ目に効果のあるツボをご紹介しました。

現代はパソコンの作業やスマホの使用は日常で、疲れ目とは無縁ではいられないといえますよね。疲れ目をほうっておくと疲れが蓄積されて眼精疲労へと進行してしまう可能性もあります。

ツボ押しはほんの少しの隙間時間にできるので、疲れたなと思ったらこまめに押して見てください。少しでも眼の疲れを改善できるといいですね。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■