そんなに親しいわけではない友人から結婚式に招待されて、お金もないし正直あまり乗り気じゃない・・。そんなたいそうな理由もないのに断るのも気まずいですよね。

なにかしらいい理由があれば断ることもできるかもしれませんが、角が立たず、今後の交流に差し障りない理由なんて、なかなか見つかりません。

今回は、実は行きたくない友達の結婚式を波風たてずに断る理由と、出席しなくても好感を持たれるちょっとした気遣いなどについてまとめました。

 

ご参考にしていただけましたらです。



友達の結婚式を上手に断る方法

 

行きたくない結婚式に無理やり出席しないと申し訳ないかな? でもお金ないし、そんなに親しくもないし、、、結婚式を断りたい理由は色々とありますが、相手にもそれなら仕方ないと思ってもらえるような理由で断りたいですよね。

親しい友人や親戚の結婚式や、ほかの先約が入っている

結婚式は大安などのいい日取りを選んで行うことが多く、招待されている結婚式がかぶることも少なくありません。

お断りする時も「このたびはご結婚おめでとうございます。親戚の結婚式と重なっておりまして当日は出席することができません」などと祝福の気持ちを添えて伝えるようにしましょう。

仕事のため出られない

この理由は同じ職場の人には使えない理由ですが、どうしてもこの日には休みが取れないので出席することができないと伝えればそれなら仕方ない。と思ってもらえると思います。

 

妊娠・出産・育児

これは、私も使った断る理由ですが、妊娠中であったり、子供が生まれたばっかりで子供が小さかったり、ある程度大きくても預け先がないなど断る理由には最適ですが、あまり身近な親戚などには使えないので注意しましょう。

相手もだいたい「そうだよね! 大変だもんね」と理解してくれると思います。

スポンサードリンク


法事・身内に不幸があった

法事があるといって無理やり誘ってくる人はあまり見たことがありません。

実家から遠くに住んでいる人なら、「数日戻るから厳しいかも」といえば尚いいかもしれません。

また、身内に不幸があった場合は喪が明けるまでは、お祝い事には出席しないのがマナーです。

身内に不幸が起こったことを伝えるのもタブーですので、こういった場合は「止むを得ない事情のため」などとお断りするのがいいでしょう。

 

結婚式を断るときにNGな理由

 

本当のことであっても「お金がない」や「色々忙しくて」などいうべきではありません。

お金がないからという理由は正直に伝えてしまうと相手に対して気を使わせてしまったり、失礼に当たってしまうこともありあます。

そのように断ってしまうと「お金をケチった」などと思われかねないので気をつけましょう。

 

「忙しい」という理由も、仕事やプライベートが忙しくても予定を空けて出席してくれる人もいますし、今後の付き合いにも響いてきたりすることがあるため適切ではありません。

「多忙のため」といった表現は使わず、「残念ながらどうしても都合がつかないため」、「先約があり」といった言い回しを使うようにしましょう。

 

また、招待状が届いている場合は返信は記入して返します。

招待状の返事はせずに電話やメールで欠席を伝えるのはマナー的にNGです。

スポンサードリンク


結婚式を断っても好感を持たれるコツ

 

断る理由は思いついたけどどんな風に伝えるのが相手に失礼にならないのか、、、「ごめん忙しいから出れない!」などそんな軽い言い回しは大変失礼ですし、お祝い事に水をさすことになるので考えて伝えなければなりません。

必ず出席できなくて残念だという気持ちと結婚をお祝いする気持ちをそえてお断りするようにしてくださいね。

 

出来れば後日お祝いの品やメッセージカードなどを新郎新婦に送ったりすると、お祝いする気持ちがあることが伝わり、好感を持たれます。

 

幸せいっぱいの結婚式を断るのは気が引けますが、相手に失礼にならないように上手に断って乗り切りたいですね!

スポンサードリンク