朝車に乗ろうと思ったら「フロントガラスが凍結してる!」なんてことありますよね。

屋根付きの車庫やガレージに駐車できればいいんですが、そう簡単にできたら苦労しません・・。

 

今回は凍ってしまったフロントガラスを溶かす方法と、凍結を防止するための方法をまとめましたので、ご参考にして頂ければと思います。



フロントガラスの凍結を溶かす方法

フロントガラスの凍結を溶かすには

  • エアコン&デフロスター
  • スクレパーではがす
  • 解氷スプレーをつかう

などの方法があります。

雪が積もっていた場合はブラシなどで雪を取り除いてから行ってくださいね。

 

お湯をかけると、そのお湯が冷えて水になった時に再凍結の可能性がありますし、急激な温度変化でフロントガラスにヒビなどが入ってしまう可能性もあるので、やめておいたほうがいいです。

特に飛び石などで小さな傷が入ってたりしたら要注意です。

 

デフロスターを作動させる

凍ったフロントガラスには内側からの熱が有効です。エンジンをかけて暖房とデフロスターのスイッチを入れましょう。

大体10分前後で溶けてきますよ!外気導入もお忘れなくです。

 

スクレパーで剥がす

スクレパーだけだと100均でもありますし、車用品店なんかで買うとブラシとセットになって売ってたりします。

先にエンジンをかけて車内を暖め、デフロスターもいれつつスクレパーでも削っていくと少し時短になりますよ。

フロントガラスよりも素材の柔らかいプラスチック製のものなどを使用してくださいね。

 

解氷スプレーを使う

解氷スプレーは吹きかけたところからどんどん溶けていくので、かなりおすすめです。

フロントガラス全体に吹きかけてちょこっとワイパーかければスッキリですし、時間的にも1~2分で済みます。

解氷・撥水のウォッシャー液もあるので、頻繁に凍結するならそちらのほうがいいかも知れませんね。

 

 

フロントガラスの凍結防止策

 

フロントガラスが凍結しないようにしておくことで、凍結の処理にかかる時間を減らせます。フロントガラスのために10分家を早く出るなら、その10分は布団の中にいたいですもんね。

 

撥水処理しておく

フロントガラスを撥水処理(ガラコとか)しておくと全然違います。

スクレパーで剥がす時もきれいに剥がせますし、霜が全部溶けきらなくてもガラスとの接地面さえ溶けていればワイパーでどかしやすくなります。

 

カバーをつける

フロントガラスにカバーを付けておくと凍結しません。安いものなら1000円くらいからありますし、装着もホイールに引っ掛けるだけのものやフロントドアに挟んで固定させるものもあります。

強風が吹いたときの事を考えるとしっかりと固定できるタイプの方がバサバサしにくいです。

 

まとめ

フロントガラスの凍結にはスクレパーや解氷スプレーがあると便利ですが、予め撥水処理やカバーをつけておくなどすると、あとがラクになります。

普段あまり凍結しない場合でも解氷スプレーは常備しておくと、いざという時に素早く対処できます。

凍る頻度によって使い分けるといいかも知れませんね^^

 

スポンサードリンク