やっと心地よい春がやってきたかと思うと、ジメジメとした梅雨がやってきて夏の到来。暑いだけならまだしもジメジメまでしていたら、なんだか気持ちまでも明るくはなれないですよね。

さらに夏バテみたいな症状が現れたら、もう最悪。

でも待って!

今、真夏じゃないのにこの症状?と、思った方いませんか。

そうなんです。真夏じゃなくても夏バテってあるんです。



 夏バテの原因は湿度にあり!

 

夏バテとは、湿度や気温が高いとなりやすいんです。

湿度や気温が高いと体の中の自律神経の働きが乱れてしまい、ふらふらしたり倦怠感があったり、さらに食欲まで失われてしまいます。

さらに湿度が高いと湿気のせいで汗をかきにくく、身体が体温調節しづらくなります。汗による体温調節ができないと身体に熱がこもってしまい、熱中症の原因になってしまいます。

エアコンをつければお部屋の中を快適な空間に保つことができます。しかし、それもお部屋の中だけで外に一歩出たら、ジメジメムシムシの違う世界。そんな体に感じる湿度や気温の差が自律神経を乱してしまうのです。

 

それなら、エアコンをつけなければいいのかというと、今度は眠るときに暑すぎて眠れず、睡眠不足になってしまいがち。

睡眠時間が不足すると体も疲れて体力が低下してしまったり、今日の疲れがとれないまま次の日を迎えてしまったりと悪循環にもなりかねません。

 

自分たちが思っているより夏バテってなりやすいものなのかもしれません。

日本は高温多湿です。それに身体かついていかないと夏バテしてしまいます。気温や湿度が高いときや身体の疲れがたまっているときは要注意ですね。

 

スポンサードリンク


夏バテを予防するには

夏バテはしっかり対策すればある程度予防できます。この梅雨から秋口までの暑い季節を明るく元気に乗り越えて夏を楽しむためにもちゃんと予防はしておきたいですよね。

水分補給

水分補給

夏場は特にこの水分補給をこまめに摂る事が大事です。自分たちが思っているよりも体から水分が失われていっているんです。

暑い時期はよく汗をかきますので、汗と共にミネラルや水分が身体から出ていきます。喉が渇いたと感じる前に水分をとるようにしましょう。

 

お部屋の環境に気をつける

 

涼しいからといって、エアコンの入れ過ぎには気をつけましょう。

窓を開けて心地よい風が入ってくるなら、たまには自然を感じることも大切ですのでエアコンをオフにするのもよいかもしれません。ですが、熱帯夜が続き眠れなくなるくらいならエアコンを使いましょう。

 

少し涼しいかなくらいの温度が適切です。湿度や気温の大きな差は身体に負担がきますので、眠るときにはタイマーにして一晩中つけっぱなしということがないようにしましょう。

換気扇をつけていると、空気の流れができて夜、エアコンがきれた後もわりと快適に過ごせているように感じますよ。

 

バランスのとれた食事をとる

暑い日が続くと食欲もなく、冷たいものばかり欲してしまいますよね。

それでは栄養が偏ってしまい夏の暑さに身体が耐えられません。身体の健康を保つにはしっかり食べることです。特に疲労回復効果のあるビタミンB1やクエン酸などは積極的に摂りたい栄養素です。

  • ビタミンB1・・疲労回復や摂取した栄養をエネルギーに変える働きがある(うなぎ・豚肉など
  • アリシン・・摂取したビタミンB1の吸収を助ける働きがある(にんにく・ねぎ・にらなど
  • クエン酸・・弱った胃腸や疲労を回復させる働きがある(梅干し・レモン・酢など

食事で補いきれない場合はサプリメントで補強するのもいいかもです。あくまでも補助的に・・ですが、疲れが溜まっているなと感じている人にはおすすめです。

 

ツボ押し

足のツボ

 

 

テレビドラマを見ている間に、できる足つぼをやってみるのも効果的。足裏の「湧泉」というツボは、漢字の如く「泉のように元気が湧き出る!」という効果があります。

足の裏の真ん中よりも少し上の位置にあります。両手の親指で少し強めに3秒間隔で数回押してみてくださいね。

溜まった夏の疲れにはこうした小さな積み重ねが少しずつ癒していくものです。

 

 

まとめ

これから楽しい夏がやってきます。せっかくの夏!

夏バテに苦しんでいては勿体ないです。水分補給や栄養バランスを考えるなど、できることを日々こまめに気をつけて気持ちも体も暑さを楽しめる日々になるといいですね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■