お子さんがスポーツなどやっていると熱中症対策として、水筒にスポーツドリンクを作って持たせてるご家庭も多いと思います。

でもこのスポーツドリンクを水筒に入れる事が原因で食中毒のような症状を起こすことがあるんだとか。スポーツドリンク対応している水筒でも油断できません。



水筒にスポーツドリンクを入れると中毒の可能性

 

アルミ、ステンレスなどの金属製の水筒に酸性の飲料を入れると、金属成分が溶けだし中毒を起こすことがあるのだそう。

スポーツドリンク対応の水筒はたいてい二重構造になっていて、内側の金属部分に飲料は接しない構造になっています。

ですが洗い方や使用回数などで劣化したり傷が付いたりしてしまったりしてしまうと、金属イオンが飲み物の中に溶け出し中毒を起こしてしまう場合があるんですね。

 

スポンサードリンク


 

水筒に入れないほうがいい飲み物

スポーツドリンクは弱酸性なのでスポーツドリンクに限らず酸性飲料であれば金属成分が溶け出す可能性はあります。

その他にも牛乳や乳飲料などは腐敗や変質の原因に、味噌汁やスープなど塩分を多く含んだものは塩分によって錆びの原因になります。

牛乳なんて入れないと思うかも知れませんが、カフェオレなど牛乳を含んだ飲み物も乳飲料になりますよね。

 

水筒を傷めないお手入れ方法

 

柔らかいスポンジに中性洗剤をつけて洗い、よくすすいでから乾燥させるようにします。金属のたわしや研磨剤入りのたわし、メラミンスポンジなどは使用しないでください。

 

スポーツドリンク対応の水筒でも使用後は速やかに洗い、煮沸消毒や食洗機の乾燥機の使用は部品が変形する原因になるのでやめましょう。

 

塩素系の漂白剤は本体の内側のサビや穴あきの原因になるので使わないようにします。茶渋など着色がどうしても気になる場合はメーカー専用の洗剤があると思うので、そちらを使用するようにしてくださいね。

 

一見傷ついてるように見えなくても長年の使用によって内部が劣化している場合もあります。定期的に買い換える必要がありそうですね。

 

まとめ

水筒にスポーツドリンクを入れる場合は「スポーツドリンクOK」の表記があるものを選ぶようにすると安心です。ちょこっと調べたんですが、サーモスと象印はスポーツドリンク対応でした。

もしお使いの水筒はどうなのか知りたい時は「メーカー名 水筒」などで検索されると出てきたりするので調べてみてくださいね。

スポーツドリンク対応していても、十分なお手入れは必要です。

  • 飲み残しの成分が残らないように洗浄してしっかり乾燥させる
  • 傷や破損がないかチェック
  • 水筒を定期的に交換する

など気をつけて安心して水筒を使えるようにしておきたいですね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■