最近の子どもの学習環境として、子供部屋で一人で勉強をするよりもリビングなどの家族が集まるような場所のほうが学力の向上によいと言われています。

 

子どものリビング学習は自分で勉強する習慣をつけたり、自分だけやらされてる感がないようにするために行うものでメリットも多いのですが、逆に目につきやすい場所にいるからこそ、親も気を付けなければならないことがあります。



子どもがリビング学習するメリットとは?

 

リビング学習はテレビなどの誘惑が多く、「逆に子どもに悪影響では?」という親御さんも多いかと思いますが、東大などに行っている成績のいい子どもたちは、リビング学習をしている子が多いというアンケート結果などが出ています。

 

リビングはすぐ近くに家族が居るので、勉強しているところを親に見られる緊張感などからまじめに取り組む傾向にあるようです。

静かな子ども部屋で勉強するよりもある程度生活音があるほうが逆に集中できるといった研究結果が報告されており、生活音の中で勉強することにより集中力が身について雑音に気を取られにくくなります。

 

子ども部屋で一人で学習していると、漫画が読みたくなってしまったりゲームをしてしまったりなど、つい誘惑に負けてしまうこともありますが、リビングという大人の存在が身近にある空間に学習道具だけ持ってくることによってそういった誘惑に傾いていく気持ちをセーブすることができます。

 

リビング学習のメリットは他にも、近くの親や兄弟に気軽にわからないことを質問することができたり、宿題をちゃんとやっているか、どれだけ理解をしているのかなどの把握もしやすいなどがあげられます。

 

子どもの学習中の姿勢を確認できるので、視力低下の予防や鉛筆の持ち方なども確認することができます。

 

スポンサードリンク


 

子どもがリビング学習している時に
親がやっちゃダメなこと

子どもが勉強するときに一番大切な「考えること」を親が邪魔してしまうことがあります。

わからないことを気軽に聞ける環境はいいのですが、聞けばすぐに教えてくれると思い、子どもが全く考えることなく答えを聞いてくることがあります。

その場合はすぐに教えずに「考えるヒント」を与えるなどして、子どもが自分で考えて答えを出せるように手助けをしてあげましょう。

 

反対に子どもに質問されても「そこ習ったところでしょ?」など子どもを責めるような発言をしてしまうことがありますが、これは子どものやる気を削いでしまいます。

子どもにしてみれば分からないから聞いているので、暖かく見守りつつ、考えを促すように答えてあげましょう

 

また、「忙しいからあとで」や「自分で調べて」などの発言も極力控えます。どうしても手が放せない場合は、自分で調べる方法を教えてあげたり、先にわかるところからやっててもらい、後から対応するようにしましょう。

 

テレビも子どもがリビング学習しているときは見ないようにします。ニュースなどであってもついテレビに気を取られてしまいがちになり、学習が思うように進まない原因になります。

 

子どものリビング学習まとめ

 

メリット

  • リビング学習は程よい緊張感がありまじめに取り組みやすい
  • 生活音の中で勉強することにより雑音に負けない集中力が育つ
  • 家族が近くに居るので気軽に質問ができる
  • 勉強の進み具合や取り組む時の姿勢などが確認ができる

リビング学習時のNG行為

  • 子どもの学習に干渉し過ぎる
  • テレビをつける
  • 忙しいからと放ったらかしにしすぎる
  • 子どもの出来ない点を怒る

 

子どもが目の前で勉強をしていると干渉したくなりますが、そこはぐっと気持ちを抑えて子どもが自ら質問してくるのを待ちましょう。簡単に答えを教えてしまっては子どものためになりません。

子どもが学習するにときに大切なのは自分で考えること。干渉しすぎず放ったらかしにし過ぎない適度な距離感で接しましょう。

 

リビング学習をすれば勝手に勉強するようになるわけではありませんし、必ず学力が上がるわけではありませんが、メリットも多いことは確か。

お子様によっては合う合わないもありますがやってみてもいいのでは?と思います。

 

スポンサードリンク