わが家には上は小学生から下は6か月までの男のばかり4人の子供がいるのですが、みな寝付きが悪く4人全員赤ちゃんの頃から寝てくれず苦労していました。

そんなとき、テレビで紹介されていたのが「おやすみロジャー」です。

口コミをみると、「内容がつまらない」「催眠術みたいな文字の羅列」など、少し否定的なものもあるのですが、うちはドンピシャではまり、なくてはならない神本となっています。



寝かしつけの方法を試すもことごとく失敗・・

 

昼にたくさん外遊びをさせたり、昼寝をさせずに体力の限界がくるまで疲れさせてみたりと様々な工夫をしてみましたが、ことごとく効かずに逆に私の方が疲れて先に寝てしまうこともしょっちゅう。

 

このままでは私の体力も気力も限界と感じて藁にもすがる思いでたくさんの寝かしつけのベストアイディアをネットで探しまくり試しては「うちの子にはやっぱり効かなかった」と落ち込んで一向に寝ない子供たちとの夜の時間を悶々と過ごしていました。

 

スポンサードリンク


 

子どもが次々寝落ち!
寝かしつけの救世主「おやすみロジャー」

 

たまたま見ていたテレビ番組で「驚くほど子供が寝てくれる絵本がある!」という特集をやっていました。

実際にテレビに出演していた子供たちはものの5分くらいで次々と眠りについていくではありませんか!?早速この本のレビューを見ていると大人までねむくなるくらいの効果があるらしく私自身も不眠傾向にあったのでこれはぜひ試してみる価値があるなということで購入してみました。

 

その本のタイトルは「おやすみロジャー」。

文章はけっこう長く内容も絵本というよりは一つの物語のようです。比較的絵よりも文章がメインで対象年齢も4歳以上となっていました。

物語自体は単調なので、人によって合う・合わないがあるかも知れないなという印象です。

 

おやすみロジャーの威力に本気でびっくり!

 

わが家の子供たちの年齢構成は上から7歳5歳3歳0歳なのですが、実際にこの本を半信半疑でいつもの寝る時間にいつもと変わらずに少し電気を暗くして読みはじめてみました。するとびっくりです!

なんと一番遅くまで起きていることの多い次男(5歳)があくびをし始め、おやすみロジャーを読み始めて3分くらいでスヤスヤとぐずることなく眠りについたのです!

いつも眠る前はトントンして!とか全然寝れない!とぐずりまくる次男が一番最初に寝てくれるとはびっくりでした。次男がこんなに早く布団に入ってから眠りに着いたのは実に3年ぶりくらいだったので正直驚きが隠せませんでした。

 

驚きもつかの間、次にこれまたなかなか寝てくれない三男(3歳)が「うさぎさんどこいくのかな?」とわたしに話しかけてきたその数十秒後には寝息をたてているではありませんか!これまた驚きで目が丸くなりました。

いつも寝かしつけには3歳なのにおっぱいを飲まないと眠らない三男が本を読んだだけでそれも数分で眠るなんで本当に驚きでした。

 

そして小学一年生の長男はやはり一番最後まで起きてはいましたが他の二人の子供が寝た数分後に絵本の半分過ぎたあたりで眠りについてしまい翌朝「いつ寝ちゃったか覚えていない」といって起きてきました。

 

 

 

 

最後に

その後もこの絵本は大活躍で何回よんでも効果が薄れることはなく、本の中盤くらいまでにはほとんど全員が眠りについてしまいます。

子供たちもこの絵本がとても気に入っていて気持ちよく眠りにつけるので夜泣きで起きてくることも減りました。

まだ赤ちゃんの4男にはあまり効果がなかったのでもう少し内容がわかるくらいに成長してからは絶対にこの本で寝かしつけをしようと今から楽しみにしています。

今寝かしつけに苦労されているなら是非試してみてほしい絵本です。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■