季節の変わり目って服装選びが難しいですね。

暑いと思ったら冷え込んだり、長袖を用意したら暑くなったり・・・。プライベートなら「失敗した」で済みますが、仕事ではそうはいきませんよね?

 

一般的にも「最適!」と言われているスーツの衣替えを季節ごとの気温や湿度に合わせて衣替えをすることで快適に過ごすことができます!

そしてスーツを衣替えする前に必須!!な、お手入れや保存方法などを紹介してきたいと思います。



スーツの衣替えに最適な時期

 

スーツに衣替えなんてあるの?という方もいらっしゃるでしょう。スーツもしっかりと季節に合わせて衣替えが必要です。

 

スーツは大きく、春夏・秋冬の2シーズンに分かれていて、一般的に、春夏シーズンは4~9月、秋冬シーズンは10~3月と考えるのがいいでしょう。

 

春夏のスーツの衣替えは3月~5月ごろ

 

早い人で春分の日に衣替えをする人もいますが、4月になると曇りや雨の日が多いため、衣替えを済ませたことで寒く感じ、風邪をひいてしまうこともあるようです。

なのでおススメはゴールデンウイーク頃の晴れて暖かく風のない日が、春の衣替えには最適です。

秋のスーツの衣替えは9月~11月ごろ

 

春夏物から秋冬物のスーツへ衣替えをする場合にも期間に幅があります。

秋といっても9月~10月初旬は暑い日もあり、雨が降ると嫌にむし暑く、早めに衣替えを済ませると、上着は脱ぐことができますが、パンツは着ているだけで不快感さえあります。

おすすめは、ちょっと肌寒くなる10月中旬頃が最適ではないかと思います。11月に入ると急に寒い日もあるので、コートの準備も必要ですね。

 

スポンサードリンク


収納時のスーツのお手入れテクニック

 

シーズンが終わったらスーツはクリーニングに出して終了という方も多いと思いますが、クリーニングから戻ってきたあとに一手間かけるかどうかで、スーツの保存状態が変わってきます。

ビニールを付けたままにしない

クリーニングから戻ってきたスーツは晴れた日にビニールから外してお手入れします。

スーツをしまう際に「ビニール袋をはずす」「陰干ししてからしまうこの二点をするだけでもスーツの持ちは違います。

ビニール袋をつけたままの収納はカビの原因にもなるので、湿気の少ない晴れた日にビニールを外し、風通しの良い場所で半日~1日ほど陰干ししてスーツの湿気を払ってから収納しましょう。

 

しまい込んでいたスーツを出すときにも陰干しをすると湿気を飛ばし、収納臭もとってくれます。

 

収納にはスーツ用のハンガーを使う

ジャケットをクリーニングから戻ってきたままの薄っぺらいハンガーにかけていませんか?

薄いハンガーではジャケットの肩部分がつぶれてしまうため形が崩れ、しわの原因になってしまいますジャケットをかけるのは3cm~6cmほどの厚みがあり、前に向かって曲がってるものを使うと形をきれいに保ったままで収納できます。

クローゼットにしまう際もぎゅうぎゅう詰めになっていると通気性が悪くなるだけではなく、しわなどの原因になってしまうので少し余裕をもって収納し、防虫剤や除湿剤も合わせて入れておきます。

 

まとめ

スーツの衣替えはその時期の天候や気温になどにも影響されることが多いですが、出来るだけ晴れた日に行うようにし、スーツの湿気を飛ばしておくことが大切です。

収納時に一手間かけておくと、スーツを出したときにすぐ着られる状態で維持できます。

 

正しくお手入れすることで何年も綺麗に着ることもできます。少し面倒にも思える衣替えですが、ぜひやってみてください。

 

スポンサードリンク



■関連記事■