七五三はここまで無事に成長してくれた感謝の気持ちを神さまに報告し、子どもの今後の成長と幸せを願う年中行事の一つですが、初めてだと戸惑うことも多いですよね。

 

七五三を行う年齢も、上の子は数えでやりたくて、下の子は満でやりたいんだけど・・とか

七五三当日に家族の予定が合わないんだけど・・とか。

いろいろ出てきますよね。



七五三はどのくらいの期間を目安に参拝すればいい?

 

七五三は11月15日ですが、参拝は前後1ヶ月程度が目安です。着物をレンタルする場合、七五三用の着物をレンタル出来る期間を確認して、その範囲内で参拝日程を決めるといいかも知れませんね。

 

これはうちのおばあちゃんから聞いた話ですが、早い分には1ヶ月くらい早くても問題ないそうですが、遅れる場合はなるべく当日に近い方がいいって言ってました。なんで?と聞いたら「そういうもんだ」と。

 

七五三はじいじやばあばも一緒にお祝いするご家庭もあるかと思うので、そういった意見もあるというのをご参考までにです。

七五三の参拝年齢

 

一般的に男の子は5歳(地域によっては3歳も)女の子は3歳と7歳でお祝いします。

正式には数え年でお祝いしますが、最近は満年齢でお祝いする方も多いです。

 

特に女の子は数え年だと2歳で参拝する事になり、イヤイヤ期に差し掛かったりしていれば親子共々大変です。数え年・満年齢、どちらにするかはご家庭の都合やお子さんの成長過程に合わせてしまっていいと思います。

■満年齢とは

誕生日を基準に年齢を数える方法。誕生してから初めての誕生日を迎えるまでは0歳。

■数え歳とは

生まれたときを1歳として正月を迎える度に一つ年を重ねる数え方。誕生してから最初の正月を迎えるまでは1歳。例えば12月1日に生まれた子どもは、生まれてから12月31日までは1歳で、1月1日からは2歳になります。(生後1ヶ月なのに2歳・・)

 

うちは姉弟で一緒に済ませてしまいたかったので、息子5歳(満年齢)娘7歳(数え)で七五三しました。一緒にやってしまったほうが、「弟だけお祝いされてていいな・・」といった姉弟間でのジェラシーなどがなくていいです。

スポンサードリンク


 

七五三時に気をつけたい子どもへの配慮

 

もし写真撮影も参拝当日に予定している場合、写真撮影だけで疲れてしまいます。出来れば早撮りなどで先に撮影をすませておきましょう。

子ども専門の写真館だと ”写真撮影の日” と ”着物レンタル(参拝)の日” は別になっていて、両日セットになっていたりします。価格は写真の購入枚数によって変動する場合があります。

 

参拝当日必ずといっていいほど「疲れた」「喉乾いた」「足痛い」と言い出します。履きなれない草履で鼻緒が当たる部分が痛くなりますし、着慣れない着物で動きづらい上に思った以上に暑いらしく、すぐに喉が渇いたと言い出します。

 

着物なのでおんぶや抱っこはしずらいです。歩きやすいスニーカーを途中まで履かせ神社に近くなったら草履に履き替えるといいですよ。

ペットボトルや缶などの飲み物はこぼしやすいのでストロータイプの水筒を持っていくと安心です

 

着替えを持っていくのも忘れないようにしましょう。参拝の後そのままお祝いなどで食事などに出かけたり、ちょっと買い物に寄る時も楽な服に着替えたほうが子どもの負担になりません。

 

あともう一つ!参拝予定の神社のトイレ状況をチェックしておきましょう。和式だと使えない子どもも多いです。チェック出来なかったり分からなかったりした場合、近くにコンビニがないか確認しておくと慌てることがなくなります。

そして着物に着替える前にトイレを済ませておきましょう。

 

まとめ

 

昔は七五三もキッチリした行事だったかも知れませんが、今はそんなにかしこまった感じはありません。もしかしたら地域によるのかもしれませんが。

参拝時期や参拝年齢もある程度ご家庭の都合に合わせて大丈夫です。

七五三は参拝したりお祝いしたり、親も大変ですが子どもは体が小さい分もっと大変です。なるべく疲れないように配慮してあげましょう。

 

子どもの成長とこれからの幸せを願いながらお祝いし、楽しい思い出の一つになるといいですね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■