年末年始の不摂生&暴飲暴食(←我が家だけ?)にちょっと休息の意味も込めて七草粥ってすごくいい気がしますよね。

でもこの七草、種類と効用はご存知ですか?七草は日本のハーブとも言われていてそれぞれに効用があるんです。

胃に優しいだけじゃない七草粥。地味だと思ってたけど、ちょっと見直しちゃうかも知れませんね!



七草粥はいつ食べる?

 

七草粥は一般的には1月7日の松の内に食べます。

松の内というのは門松を飾っておく期間の事を指し、地方によって違いがありますが、かなりザックリ分けると関西では1月15日、その他は1月7日であることが多いようです。

 

朝昼晩どのタイミングで食べるかは一概には言えませんが、無病息災を願う人日の節句でもあるので、家族が揃っている時がいいのではないかと思います。

1月7日は正月飾りを外す日でもあることから、朝に七草粥を食べ、その後正月飾りを外すという風習の地域もあるそうです。平日だと帰り時間がバラバラなこともあり、朝だと全員が揃いやすいのでいいかも知れませんね!

正月飾りを外すのはいつ?松飾りの処分方法

 

人日の節句とは

 

季節の節目の節句は年に5回あります

  • 1月7日(人日)
  • 3月3日(上巳)
  • 5月5日(端午)
  • 7月7日(七夕)
  • 9月9日(重陽)

 

1月7日の人日の節句は年が明けて一番最初の節句であり、正月最後の日でもあります。この日に七草粥を食べることで一年の豊作と無病息災を願います。

 

スポンサードリンク


 

七草の種類と効用

七草の種類は「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」です。

ゴギョウは母子草、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロは大根のことです。最近ではスーパーで七草粥セットなども売っているのでそちらを購入される方も多いのではないでしょうか。

 

セリ

免疫力を高めるビタミンAや、貧血を予防する鉄分の他にビタミンB群やビタミンCも豊富に含まれています。

ナズナ

「シャミセングサ」や「ペンペングサ」とも呼ばれている野草。ビタミンA、B群、鉄、カルシウム、などが含まれていて、貧血や高血圧などの予防にも有効とされています。

ゴギョウ(母子草)

高い抗酸化力を持ち、健康維持に必要な葉緑素やビタミンBも含んでいる春の野草。糖質や脂質などと一緒に食べるとより効果的です。

ハコベラ(ハコベ)

整腸作用や消化作用に優れていて、民間では古くから薬草として親しまれていたそうです。その他にも鉄分・カルシウム・ミネラル・ビタミンなどの栄養素が含まれています。

特有の青臭さがあるので、苦手な方は水にさらす時間を長くとるといいでしょう。

ホトケノザ

正式名称を「コオニタビラコ」といい、解熱・鎮痛作用があると言われています。

シソ科の植物で「ホトケノザ」という標準和名を持つ植物がありますが、こちらは食用ではありません

スズナ(かぶ)

葉の部分にはビタミンCの他に粘膜を健康に保ってくれるβカロテンや、疲労を回復してくれるビタミンB群などが含まれています。

白い根(身)の部分に含まれるアルミラーゼはデンプンを分解して消化を助けてくれるので、胃もたれを予防します。

 

スズシロ(大根)

かぶと同じく葉には多くのビタミンCやβカロテンなどが含まれていて抗酸化作用があります。その他にも胃腸の機能を高めるジアスターゼが弱った胃を助けてくれる働きがあります。

 

まとめ

七草には消化に良い成分やビタミン類が含まれていて、胃腸を整えたり免疫を高めるのに効果的でもあります。

おせち料理など味のしっかりした食べ物のあとでは、おかゆの優しい味わいも新鮮なものです。年末年始で負担をかけてしまった胃腸を消化の良いお粥でいたわってあげてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■