初夢と一言でいっても、それは年が明けて最初に見た夢のことなのか?それとも決まった定義があるのか。そういう疑問ってあります。

 

個人的に知りたかったのは

31日の夜に起きていられなくて眠ってしまい、その時に見た夢。元旦の朝起きた時に昨夜みたであろう夢です。

年をまたいでいるけど今年に入って見た夢でもあるから、初夢と言えなくもないと思うのです。

ですが初夢というものは「この日に見た夢」と、決まっているものではなく、諸説あるようです。



初夢の3つの諸説

 

初夢の諸説は3つあります。

  • 31日~元旦の朝にかけて見た夢
  • 元旦~2日の朝にかけて見た夢
  • 2日~3日の朝にかけて見た夢

 

ひとつづつサラッと説明していきます。

 

31日~元旦の朝にかけて見た夢説

初夢は本来、節分の夜から立春の朝にかけて見るものの事でした。昔の人にとっては冬から春に変わる節目である節分が大晦日のようなものだったんですね。

それになぞらえて、31日の大晦日から元旦にかけて見る夢が初夢と言われたんだそうです。

 

ですが大晦日は「年神様をお迎えするために眠らないもの」という風習が広がったため、この”31日~元旦説” は廃れていったようです。

 

ま・簡単に言うと

「神様来るのに寝てんじゃないよ」ということでしょうかね(笑)

スポンサードリンク


 

元旦~2日の朝にかけて見た夢説

 

大晦日に眠らない風習が出来てから初夢は “元旦の夜~2日の朝説” が有力になってきました。

年が明けて最初に見る夢として最も有力な説です。

 

年が明けてから元旦の朝までの睡眠で見た夢はどうなんだという気もしますが、恐らくそれは初夢にカウントされないのではと思います。(この説の中では)

 

 

2日~3日の朝にかけて見た夢説

 

いい夢を見るための宝船の絵が2日の日にしか売られなかったため、初夢2日の夜説が広がったとも言われています。

夢は占い的な要素が強いため、少しでもいい夢を見て気分良く一年をスタートさせたい思いがあるんでしょうね。だから枕の下に七福神の宝船のような縁起のいい絵などを忍ばせて準備をしたんだと思います。

 

今でこそ元旦に営業しているお店がありますが、昔は元旦はどこもお休みで書き初めや初商いなどは2日から行うことが多かったようです。

だから絵の販売の2日。初夢も2日の夜に見たものが・・というのがこの説です。

 

いつの夢が初夢か個人的な見解

 

いつ見た夢が初夢なのか諸説あるのはわかったけど、結局どれを初夢とするかは自分自身の選択とも言えそうです。

 

わたしの中では年が明けて最初に見た夢が初夢かなと思うのですが、もしそれが良くない夢だったら仕切り直しすればいいと考えています。

 

初夢の諸説は3つありましたが、その期間の中で見た夢が複数あったら一番いい夢を初夢としたって構わないのではないでしょうか。

 

初夢は言ってみれば占いのようなもの。一年をポジティブにスタートするためにもっとザックリと捉えてもいいのではないかと思っています。

 

スポンサードリンク



 

■関連記事■