結構あると思ってた正月休みも終わっちゃうあっという間に感じますね。だけどそのタイミングでフッと思うのは「お正月飾りはいつ外すのか?」・・ではないでしょうか?

そしてそのお正月飾りの処分方法も気になるところ。お正月飾りは縁起物なので普通にゴミ箱にポイするのも気が引けますしね。

今回は正月飾りを外す日と処分方法、それから外してから処分する日までの家での保管方法などをまとめました。

「処分は普通のゴミに出してもいいの?」

などの疑問もスッキリ解決します^^



正月飾りはいつ外す?

お正月飾りは1月7日の「松の内」に外すのが一般的です。

「松の内」とは門松や松飾りを立てておく期間の事で、地方によって違いがあります。大きく分けると1月7日までの大正月を松の内とするのが関東地方、1月15日までの小正月を松の内とするのが関西地方と言われています。

朝に七草粥を食べてから正月飾りを外すところも風習として残っている地域もあるようです。

 

鏡餅は1月11日の鏡開きまで飾っておいても問題ありませんが、食べ物以外の飾り部分はこの時一緒に外しておくといいでしょう。

鏡開きは「新しい年の始まり」の意味もあり、年神様にお供えした鏡餅を食べることで一年の無病息災につながると考えられています。また、鏡餅を包丁で「切る」という行為は縁起が悪いとされているので、木槌や金槌などで叩いて割るようにしてください。

 

スポンサードリンク


 

正月飾りの処分方法

正月飾りの処分は、近くの神社に持っていきお焚きあげなどをしてもらいます。

地方によって「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」「お焚きあげ」などがあり、毎年小正月の1月15日前後にお正月飾りを集めて焼いたりします。

 

お焚きあげ自体は一年中受けてくれると思うので、そういった行事に間に合わなかった、近くでやっていなかった時などは神社にお焚きあげをお願いしてみてください。

 

正月飾りは年神様をお迎えするためのものなので、外してから処分するまでの期間、紙に包むなどして丁寧に保管しておきましょう。

 

自分で出来る正月飾りの処分方法

 

 

近くに神社がない場合などは、自分で処分することもできます。

■やり方
大きめの紙(新聞紙でもOK)を広げてその上に正月飾りをおき、「左→右→中央」の順にお清めの塩をまきます。その紙で正月飾りを包み、他の一般ごみと同じ袋には入れずに燃えるゴミなどで処分します。

まとめ

正月飾りを処分する「どんど焼き」や「左義長」などは神社で行っている場合もあれば地域で行っている場合もあります。お近くの神社や自治体などに確認してみましょう。

正月飾りは外してから処分までが一連の流れだと思うので、最後までキチンとやって縁起良く終わらせたいですよね^^

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■