運動会ってほぼ一日がかりの一大イベントですよね。「じいじ」や「ばあば」も来たりしますし。そうは言ってもあんまり荷物になるのも嫌ですよね。

そんな運動会の持ち物で「こういうのあると便利だよ」というものをシーン別に分けてご紹介していきますね。



敷物や簡易テントなどは適度な大きさの物を!

 

敷物は人数が多ければ大きいもの、もしくは数枚持っていって並べたりするんですが、小学校や幼稚園などは一家族のスペースが決められている場合もあります。

そういった場合、学校(幼稚園)から事前にもらうプリントなどに書いてあるので見落としのないようにチェックしておきましょう。

 

敷物は少しクッション性のあるものだとお尻が痛くならなくていいです。座布団は荷物になるのであんまりおすすめしませんが、もし持っていくならあんまり肉厚でないもののほうがいいかも知れません。

コンパクトにたためる簡易テントはあると日よけになります。場所によっては邪魔になってしまうので壁際などの後ろのほうに設置してそこを拠点にする、といった使い方がおすすめです。

なければ無理に買ってまで持っていく必要もないかなと思います。

 

お弁当のときなどあると便利なこんなもの!
おやつ・飲み物なども

 

お弁当は気合はいりますよね。特に人数が多くなると作る量もスゴイですし(^_^;)

人数が多かったり小さい子がいたりすると特に便利なのが簡易テーブルです。組み立て式で軽いものがおすすめですね。運動会は待機してる時間も多いので折りたたみの椅子があるとかなりラクです。

 

その他にも紙皿や割り箸、ウエットティッシュや場合によっては紙コップもあると重宝します。暑くなる場合が多いのでクーラーボックスやクーラーバッグに予備の飲み物があるとお昼に子どもが戻ってきた時に補充してあげられます。

スーパーのレジ袋などゴミ袋にできるものもお忘れなくです。

 

お弁当を食べ終わったあとお友達どうしでおやつの交換などが始まる場合があります。個包装されているちょっとしたおやつを持っていくといいですよ!ただしチョコレートは溶けが心配なので避けたほうがいいでしょう。

余談ですがあんまり運動会に行く人数が多くない場合などは使い捨ての容器にお弁当を入れていくと帰宅後の片付けがラクになります。

 

スポンサードリンク


 

紫外線や暑さ対策

 

運動会では紫外線や暑さの対策も必須です。

帽子をかぶって日焼けどめを塗るのは女子にとっては必須ですが、それ以外にも日傘や扇子があるといいですね。

日傘は自分がさすだけじゃなく、荷物にさしたりするとお弁当などが温まってしまうのを防げます。その場合風で飛ばされないように注意してくださいね!

 

あとは汗拭きタオル、ハンドタオル、保冷剤、ビニール袋があると保冷剤をハンドタオルに巻いて冷やすのに使ったりできます。ビニール袋は濡れたタオルを持って帰るのに使います。

 

撮影グッズ

 

やっぱり我が子の勇姿はビデオやカメラに収めておきたいですよね。

運動会だとちょっと子どもの演技している場所から離れていたりするのでスマホなどではなく、しっかりズームのできるビデオやカメラを持っていくのが間違いないです。

そのとき一脚があると手ブレぜずに撮影することができます。撮影場所は混雑するので3脚だと邪魔になってしまいます。小さな脚立も小さな子供が足を引っ掛けてしまうことがあるので避けたほうがいいと思います。

 

撮影中にバッテリーが切れてしまうことがないように予備のバッテリーがあると安心です。

運動会の持ち物まとめ

 

最後にすべての持ち物をまとめますね。

弁当・敷物・水筒・簡易テーブル・紙皿・紙コップ・割り箸・

クーラーボックス・ウエットティッシュ・予備の飲み物・個包装されたおやつ・

折りたたみ椅子・日傘・扇子・日焼け止め・汗拭きタオル・ハンドタオル・

保冷剤・ビニール袋・カメラ又はビデオ・予備のバッテリー・スーパーのレジ袋(ゴミ袋)

(一脚・簡易テント・座布団)・・など

 

もし大人が参加する競技に綱引きがあったら軍手もあるといいかもです。荷物が多くなる場合はキャリーカートがあるとラクに持ち運びできますよ!

運動会は過ごす時間も長いですしかなり混雑もします。なるべく快適に過ごせるようにしたいですよね。

 

スポンサードリンク