秋といえばお月見ですが、毎年変動するお月見の日付。今年はいつお月見をすればいいのでしょう?

今回は2018年のお月見の日程と十五夜の由来や意味、そしてちょっとした楽しみ方などをご紹介したいと思います!



お月見はいつすればいい?2018年の十五夜

2018年の十五夜は9月24日(月)です。ただ、十五夜は確かに9月24日なのですが、この日は満月ではありません。

満月は1日遅れの9月25日(火)になります。

伝統を重んじたい場合は9月24日に、満月を楽しみたい方は翌日の9月25日にお月見をするといいかも知れませんね。

 

お月見は9月15日ではない

お月見は旧暦の8月15日のことで、その日を十五夜と言うのが一般的なんですが、旧暦は月の満ち欠けを基準にした暦であることに対して、現代の暦は太陽の動きを基準にして作ってあるので、どうしてもズレが生じてしまうんです。

十五夜が満月じゃない場合があることも、この月の満ち欠けの周期が14日~16日と少し幅があるからなんですね。

それでもイベントなどの関係で9月15日としているところもあるみたいです。

 

お月見の由来

お月見の風習は平安時代に中国から伝わってきたと言われています。

中国には「観月宴」という月を見て楽しむ風習があり、平安の貴族たちがそれを真似て月見の宴として楽しんでいたようです。

江戸時代に入ってからは貴族以外の一般の人たちの間でもお月見が行われるようになり、見て楽しむ宴よりも稲の豊作祈願と秋の収穫祭としての意味合いが強くなり広まっていったと考えられています。

 

 

十五夜はどうして仲秋の名月?

十五夜は仲秋の名月ともいうんですが、十五夜は本来満月の意味で満月自体は年に12~13回あります。その中でも仲秋と呼ばれる旧暦の8月は最も空気が澄んでいて月が明るく美しいとされてきたため、「仲秋の名月」と呼ばれるようになりました。

旧暦の7月、8月、9月は秋だったため、

  • 7月→初秋
  • 8月→仲秋
  • 9月→晩秋

と呼ばれていました。

ちなみに仲秋を中秋と書いたりもしますが中秋の場合は秋の真ん中の日、つまり旧暦で8月15日を指します。どちらが正解とかはないんですが、中秋と書く場合が多いようです。

 

スポンサードリンク


 

お月見には欠かせないお団子とすすきの意味

 

昔は里芋を秋の中頃の満月の日に収穫する風習がありました。そして新しくとれた里芋を神様にお供えしたのがお月見団子の始まりと言われています。

秋の収穫祭の意味もあったお月見ですが、その時期に収穫された里芋・枝豆・栗などをお供することも多かったため、今でもお月見に茹でた里芋や、里芋の形に似せて作ったお団子を供えている地域もあります。

 

すすきは神様の依代としてのお供えですが、まだ時期的に稲穂がなかったため、それに似たすすきを稲穂に見立てていたようです。また、すすきは邪気を避けるとも言われています。

 

お月見の楽しみ方

お子様がいる場合は一緒にお団子を作ったり、すすきを取りにいったりして楽しんでください。いっしょに自然に触れることや何かを作ることは子どもの成長にとてもいい影響を与えます。

夜になってもし晴れて月見が楽しめそうなら、部屋の明かりを少し落として月明かりを楽しむのもいいですね。

収穫祭にちなんでお団子の他に秋の味覚である芋類や栗を使った料理にしてみたり、お月見スイーツや好みの飲み物なんかをお取り寄せしてみてもいいかも知れません^^

たまにはテーブルを窓際に寄せてたりして、プチ宴を楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク



■関連記事■