玄関タイルの掃除と一言でいっても、使われている材質がツルツルしたものや、ザラザラしたものがあり、それによってお掃除方法もかわってきます。

この記事では、玄関タイルのツルツル・ザラザラ別、そして目地の黒ずみについてのお掃除方法をまとめました。

 

玄関掃除は少々面倒ではありますが、サクッとキレイにしていただけましたらです。



玄関掃除の準備

玄関のタイルを掃除する前に、置いてあるものをどかし、ほうきで掃くか掃除機をかけるなどします。

普段どかさないものの下はホコリや砂などが溜まっているもの。キレイに取り除いておきましょう。

 

掃除に必要なものなども用意しておくと手際よく掃除ができます。

 

玄関のタイルの掃除方法

 

玄関に使用しているタイルの種類もいろいろあります。

ツルツルしたタイルの玄関では有効な掃除方法も、ザラザラしたタイルだと上手く出来ない事もありますよね。

ご自宅のタイルに合わせていいとこ取りで使い分けてみてください。

 

ツルツルしたタイルの掃除

ツルツルしたタイルは引っかかりが少ないので、雑巾がけやメラミンスポンジ等で十分キレイになります。

汚れがヒドイ場合は中性洗剤を薄めた液を使って掃除してから水で流すか水拭きします。

 

床が大理石の場合は酸性やアルカリ性の洗剤などを使用すると変質してしまうので注意してください。

 

ザラザラしたタイルの掃除

 

床がザラザラした素材の場合だと、雑巾がけすると引っかかってしまうし、メラミンスポンジだと恐ろしいほどに削れていき掃除にならないので、セスキ水を使います。

中性洗剤でもいいんですが、泡だったりしてしまうと流したり拭き取ったりするのが大変になります。

 

セスキ水といえばキッチンの油汚れを落とすイメージですが、実は土汚れにも強いんです。

セスキ水の作り方は、100均などで売っているセスキ炭酸ソーダを水で薄めるだけです。分量などは裏側に書いてあるので確認して作ってください。

 

目安は水500mlに対してセスキが5gです。

ちなみに家は適当な分量で作ってます(笑)

 

※塗装がされているものに使用すると、塗装がはげる場合があります。

 

掃除のやり方は、セスキ水をまんべんなくスプレー(撒いてもいい)して、5分くらい置いてからタワシなどでこすります

 

掃除後は水で流すか、水分を雑巾で叩くようにセスキ水を吸いとってから、今度はお水をスプレー(又は撒く)して、再度雑巾に吸わせます。

 

スポンサードリンク


 

黒ずんだ目地の掃除

 

玄関のタイルの目地が黒ずんで取れない場合は重曹ペースト又はクレンザーを使ってキレイにします。

 

タイルがツルツルしているものは傷が付いてしまうと気になると思うので、綿棒などを使って目地だけをこするようにしてください。

 

重曹ペーストの作り方は、重曹3に対して水を1の割合で混ぜるだけです。クレンザーは市販のもので大丈夫ですが、半練りタイプの天然素材「ハイホーム」が横に流れていかず使いやすいです。

 

 

目地掃除の後は重曹やクレンザーを雑巾などで拭き取ってください。

 

 

玄関掃除の仕上げ

 

玄関掃除の仕上げは水拭きをして乾燥をさせます。

水とメラミンスポンジでお掃除した場合は水拭きはいりませんが、タイルや目地を洗剤やクレンザーなどで掃除した後は、出来れば水で流してスッキリさせましょう。

 

水を流せない時は水拭き

水で絞った雑巾で残った洗剤を拭き取っていけばOK。その後乾いた雑巾でしっかりと水分を吸い取っておけば乾きも早いです。

 

タイルがザラザラで拭き取れない時は、ちょっとずつ水をかけて拭き取るなど、工夫します。

 

仕上げに乾燥させる

 

最後に玄関の風通しを良くして乾燥させます。出来れば少しだけ玄関のドアを開けておくと風が通りやすくなり、乾きが早いです。

 

玄関が乾く前に誰かが帰ってきたりなど、汚れる心配がある時は新聞紙などを敷いておくと汚れません。

 

タイルが乾いたら玄関にあったものを所定の位置に戻して終了です。

 

まとめ

 

玄関のタイルは、素材によって掃除方法など変える必要があります。ご自宅の材質に合わせて使う掃除道具や洗剤を選んで、キレイな玄関を保ちましょう。

 

少しでもこの記事がお役に立てましたら幸いです^^

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■