鉄製のフライパンを買ったら最初にやる作業が空焼きと油ならしです。これをやっておかないと食材を調理した時にくっついて焦げ付く原因になってしまいます。

もしお手持ちの鉄製フライパンが焦げ付きやすいと感じるなら、空焼きと油ならしを最初にやっていないか、ちゃんと出来ていない可能性があります。

 

空焼きと油ならしをきちんと行って焦げ付かないフライパンへと育てていきましょう。



鉄製フライパンの空焼きと油ならしのやり方

 

新しい鉄製フライパンは錆止めの加工がされて販売されているため、そのまま使用してしまうと油馴染みが悪く、食材が焦げ付いたりくっついたりしてしまう原因になり使いづらいです。

なので鉄製のフライパンを購入したら、まず最初に空焼きをしてこの錆止め加工を取りのぞき、油を馴染ませる油ならしという工程が必要になります。

 

空焼きは高温で焼くことで元々の錆止め加工を取り除くだけでなく、その後に行う油ならしによっての油馴染みを良くしてくれます。

そのため空焼きと油ならしはセットで行いフライパンの表面に油の膜を作ることで、調理する時の食材がくっつきにくくなり、焦げ付き防止にもなります。

 

空焼きと油ならしは初めてフライパンを使用するときだけではなく、錆や焦げ付きを洗剤やクレンザーで取り除いた後にも行います。(油膜が取れてしまうため)

 

空焼きの手順

まず買ってきたフライパンを中性洗剤で軽く洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。

フライパンを中火にかけ温まってきたら強火に。その後青っぽい玉虫色に色が変わるまでしっかりと焼いていきます。このときフライパンの底面だけでなく、持ち手に近いところから傾けるように回しながら、まんべんなく全体を焼きます。

フライパンの色が変わったら一旦火を止め1時間ほど自然に冷ましておきましょう。
(※水につけるなど急冷しないようにしてください。痛みや変形の原因になります。)

空焼きの手順まとめ

  1. フライパンを洗剤で洗って水気を拭き取る
  2. フライパンを火にかけ色が変わるまで熱する
  3. 火を止めて自然に冷ます

ここまでが空焼きのやり方です。煙が出るので換気扇は全開でまわし、やけどに注意しておこなってくださいね。

次はフライパンに油を入れて油ならしをしていきます。

スポンサードリンク


油ならしの手順

 

空焼きが終わり、自然に冷ましたあと油を注ぎます。目安はお玉1~2杯程度。あくまで目安なのでキッチリ計らなくて大丈夫です。油の種類もなんでもいいです。

 

油を入れたら再度強火(IHは中火ていど)で加熱。傾けたりしながら油を全体に馴染ませましょう。少し煙が出てきたら火を止めて油をオイルポット等に移し、キッチンペーパーなどでフライパンの内側にまんべんなく油を塗りつけるように拭き取ります。

 

このあと更にクズ野菜を多めの油で炒めると油膜が定着しやすくなります。終わったら油を拭き取ってそのままコンロの上で自然に冷まします。

油慣らし手順まとめ

  1. おたま1~2杯程度の油を入れて加熱する
  2. 全体に油が回るように傾けながら馴染ませる
  3. 煙が出てきたら火を止め油をオイルポットへ
  4. キッチンペーパーで油を塗りつけるように拭き取る
  5. 多めの油でクズ野菜を炒める
  6. 油を拭き取りフライパンを冷ます

 

こちらの動画が空焼きから油ならしまでの工程が解りやすいのでご参考にしてみてください。

 

鉄製フライパンの空焼きと油ならしのやり方:まとめ

 

鉄のフライパンは空焼きと油ならしを最初に行うことで油の膜を張り、食材の焦げ付きを防いだりフライパンを錆びつきにくくする効果があります。

もし使っているうちに万が一焦げ付かせてしまったり錆がでてしまったりしても、キレイにした後に空焼きと油ならしをすればまた復活もでき、一生使える道具として活躍します。

 

フライパンによっては空焼きと油ならしが不要と書かれたものもありますので、購入したときの説明書があればあわせて読んでおくと間違いありません。

空焼きと油ならしの他に、普段の使い方も記事にまとめてありますので、よかったら読んでみてくださいね!

>>>鉄製フライパンの使い方と焦げ付かせないために気をつける3つのコツ

 

スポンサードリンク



■関連記事■