せっかく買った鉄製のフライパン、ちゃんとお手入れしていたつもりでも、いつの間にか錆びてしまっていることってありますよね。

軽い錆なら擦ればとれそうですが、ガッツリ錆びていたら「諦めなきゃだめかな・・?」なんて思ってしまいます。

 

ですが鉄製のフライパンは表面に何の加工もコーティングもしていないので、錆びついてしまっていても擦り落とせば復活が可能!

基本的な錆の落とし方からガッツリこびり付いた錆まで、しっかりキレイに落とす方法をご紹介します。



鉄製フライパンの焦げ付きを落とす方法

 

鉄製のフライパンは普段のお手入れで洗剤やクレンザーの類は使用しませんが、焦げ付いたり錆がついたりした場合は別です。

ついてしまった焦げや錆はしっかりと擦って落としていきましょう。

 

フライパンの錆を落としたら空焼きと油ならし(フライパンに油を馴染ませておくこと)をします

一番最初にフライパンを使用する時にしたと思うのですが、それを焦げ付きを取った後もう一度する必要があります。

 

少々時間と手間がかかりますが、頑張ってフライパンをリフレッシュしていきましょう。

 

準備するもの
  • 固めのスポンジやナイロン製のタワシ
  • 耐水性のサンドペーパー(100~150番)
  • クレンザー
  • 金属のヘラ

 

基本的な焦げ付きの落とし方

 

用意した固いスポンジまたはナイロン製のたわしにクレンザーを付けて錆の部分を擦って落とします。かなり力を入れて擦って大丈夫です。

金属のタワシは使うと結構な勢いで傷がつくのでおすすめしません。

 

焦げ付きが落ちたらそのままフライパンの底面全体を擦り洗いしてから水ですすぎ、水分を拭き取ってから火にかけて完全に水分を飛ばします。

冷めたらサンドペーパーで擦りフライパンの表面をキレイにします。

 

こうすることで、このあとに行う空焼きや油ならしがムラがなく仕上がります。

 

気をつけよう!

加熱後は水に漬けたりして急冷しないようにしてください。

変形の原因になります!

 

こびり付いた頑固な焦げの落とし方

 

タワシで擦っただけでは取れない、厚みのある重度の錆の場合はフライパンを直火にかけて焼いていきます。かなり油煙が上がるので、換気扇フル稼働して窓も開けておいてください。

(※煙で反応する火災報知器が反応してしまう可能性もあります。)

 

すべてが炭化すると煙が出なくなるので、それまで徹底的にフライパンを焼き、煙が完全に出なくなったらそのままコンロの上で自然に冷ましてください

空焼きしている途中で油汚れが多い部分に火が点くことがありますが、炭化すると自然に消えますので、落ち着いて作業しましょう。

 

注意点!
  • 油煙がスゴイので換気扇フル稼働!
  • 火災探知機が反応する可能性あり!
  • 油汚れに火が点く可能性あり!

 

フライパンが冷めたら、新聞紙などを広げた上で錆た部分を金属のヘラで擦ります。錆や汚れなどがしっかり炭化できているとポロポロ剥がれ落ちてきます。

 

一通り落としたら、「ナイロンタワシとクレンザーで擦り洗い → すすぐ → 水分拭き取る → 火にかけ水分飛ばす → 冷めたらサンドペーパーで擦る → 水で洗う」をしたあと空焼きと油ならしをします。

 

空焼きと油ならしのやり方はこちら

>>> 鉄製フライパンの空焼きと油ならしのやり方と手順。焦げ付かなくするための最初のステップ!

 

スポンサードリンク


 

鉄製フライパンの焦げ付きの落とし方:まとめ

 

フライパンをこんなに焼いたり擦ったりして大丈夫なの? なんて思うかも知れませんが、鉄のフライパンなら大丈夫。しかも何度やってもOKです。

基本的な焦げ付きの落とし方手順
  • ナイロンタワシとクレンザーで擦り洗いする
  • 水ですすぎ、水分を拭き取る
  • 火にかけ水分飛ばす
  • 冷めたらサンドペーパーで擦って表面を滑らかにする
  • もう一度水で洗う
  • 空焼きと油ならしを行う

 

頑固な焦げ付きの落とし方手順
  • フライパンを直火にかけて錆が炭化し煙がでなくなるまでしっかりと焼く
  • コンロの上で自然に冷ます
  • 冷めたら金属のヘラで錆をこそげ取る
  • 以下、基本の錆の落とし方手順へ

 

あまりにも重度の焦げや錆だとそれなりに時間と労力がかかりますし、かなり擦るので手が痛くなることもあります。そういったことを考えると、焦げや錆がひどいフライパンは頑張れば復活は出来るけれども、その復活にかかる時間と作業の大変さを考えると買い替えという選択肢もありかなと思います。

重度の場合は愛着と作業の大変さを考慮して復活させるかどうか判断されるとよいかと思います。

 

スポンサードリンク



 

■関連記事■