寒い季節になるとお風呂場が寒くて・・なんてことありますよね。

特に窓から入る隙間風は体を洗っている時寒いし、湯船の温度もすぐ下がって何度も追い焚きしないとならなくなって、ガス代もかかります。あと風呂に入るときの脱衣所の寒さとか。服を脱ぎたくない(笑)

 

お風呂用のヒーターを付けたくても高いですし、付けなくてもどうにかなんないもんかな・・と思いません?

 

今回は風呂場にムダに大きな窓がついてて、放っておくと隙間風で寒々しいわが家が実際に行っている、風呂場の寒さ対策をご紹介します。



風呂場の寒さ対策は窓から

 

お風呂場の寒さのほとんどは窓からの隙間風と窓を通しての冷気の侵入です。

窓はちゃんと閉めたつもりでも何処かに隙間があり、そこから冷たい風が入ってきてしまいます。それに窓はガラス一枚です。外の冷たい空気がガラスを冷やし、その冷たいガラスが浴槽内の空気を冷やす。その結果「風呂が寒い」となるのです。

 

風呂場が寒ければ当然湯船の温度も早く下がります。そうなれば何度も追い焚きをしなければならなくなり、光熱費もかかってしまうことになるので、窓からの冷気侵入を遮断することは必須といえます。

 

スポンサードリンク


風呂窓の冷気を遮断するには断熱シートがおすすめ

窓からの冷気を遮断する方法は、シャワーカーテンを付けたり断熱材を窓に貼り付けるなどの方法がありますが、一番のおすすめは、断熱シートを窓の外枠に貼ることです。

シャワーカーテンでは隙間風は防げませんし、窓に直接貼る断熱シート(プチプチ)だと表面がツルツルした窓にしか貼れません。

 

これはうちの風呂場の画像ですが、このようにピッチリと貼り付けています。真ん中の部分は窓が大きいのでサイズが足りず、重ね合わせて使用しているため二重になっています。

 

 

窓の外枠部分にピッチリ貼れば隙間風も防げますし、2重窓のようになっているので空気の層によって窓を伝ってくる冷気を防ぐことができます。これだけで風呂の体感温度は全然違ってきます。

 

※但し窓は開けられなくなります。

スポンサードリンク


窓に断熱シートを貼るポイントと注意点

窓に断熱材を貼るときのポイントは3つ。

  • 窓を掃除してから貼る
  • 断熱シートを貼る面
  • 両面テープの貼り方

お風呂場の衛生面や隙間風対策、後片付けの面で重要ですが、ちょこっと気をつければいいだけなので簡単です。

窓を掃除してから断熱シートを貼る

断熱材を貼る前に窓の掃除をしておきます。

長期間断熱シートを貼ったままにしておくので、水滴が付いていたりするとゴムパッキンなどにカビが生えてしまう可能性があるためです。

カビ対策をしてから断熱シートを貼れば湿気が入らずカビの発生を防ぐことができます。

やり方は簡単。天気の良い昼間にカビ取り剤などでカビを除去してから水滴をすべて拭き取り乾燥させてから断熱材を貼ります。(※鍵のかけ忘れ注意です)

スポンサードリンク


断熱シートを貼るときは平らな面を内側に!

断熱シートはいろいろあると思うんですが、普通のプチプチを使う場合平らな面とボコボコしてる面がありますよね?

このボコボコしてる面を窓枠に貼ってしまうとキチンと密着せずに隙間が空いてしまい、隙間風が入ってきたり断熱シートと窓の間に湿気が入りカビの原因になるため、効果半減&掃除台無しになってしまいます。

プチプチ断面図

必ず断熱シートの平らな面を両面テープで接着するようにしてくださいね。

 

我が家ではホームセンターなどでよく売られているこの断熱シートを使っています。光を遮らないのでお風呂場の明るさを確保できますし、プチプチを平らな面で挟んであるので断熱効果も高く貼りやすいのでおすすめです。

 

意外と大事な両面テープの幅と貼り方

断熱シートを窓の外枠に合わせてカットしたら両面テープで貼っていくのですが、両面テープの幅はあんまり細いと剥がれやすいですし、太すぎても扱いずらいので2~3cmくらいの幅のものがいいです。

両面テープは100均のものだと剥がす時にうまく剥がれずにボロボロになるので後処理が大変になります。ホームセンターなどで売られているものを購入したほうがキレイに剥がれるため後々が楽です。

100均の両面テープは劣化が早いのか貼った直後はきれいに剥がれるんですが、あとでめちゃくちゃ大変になります。両面テープはかなり広範囲に使用するので剥がしやすいものを選んだほうが後々のためです。(経験済み)

これは剥がしやすいし強力に密着するのでお気に入りです。

両面テープで断熱材を貼る時は隙間風が入らないように外枠すべてを両面テープで囲み貼り付けてください。

お風呂の脱衣所はヒーターで寒さ対策

 

脱衣所の寒さはヒートショックの原因にもなってしまうので、暖房器具などで温めておきます。暖房器具と言ってもそんなに高いものじゃなくても大丈夫です。すごく広いならまた別ですが、そうじゃないなら足元用の安いヒーターでも全然OKです。

 

これは縦置きも横置きも出来るタイプです。

工事不要の壁掛けタイプなんかもあるので、脱衣所の広さや使い勝手に合わせて選ぶのがいいと思います。

コンパクトなタイプなら、脱衣所で使わない時はトイレに置いたりもできますし、色んな所に置ける分使い勝手もいいです。家電量販店に行くとセールなどでたまに激安品があったりするので覗いてみてもいいかもですね。

お風呂に入る5~10分前にスイッチを入れておけば全然違います。ただ電気なので、水濡れだけ注意してくださいね!

スポンサードリンク


 

一番風呂の寒さ対策には換気扇オフ!

一番最初にお風呂に入るのは気持ちがいいですが、浴室内がまだ温まっていないため一番寒い状態でもあります。

この一番風呂の寒さ対策は2つ。

  • お風呂を沸かすとき換気扇は切っておく
  • 湯船の熱を浴室内に広げるためにお風呂のフタを半分くらい開けた状態で沸かす

換気扇を切っておくことでお風呂を沸かしたときの湯気が逃げずに留まって浴室内を温めます。

さらにお風呂の蓋を少し開けて沸かすことでより湯気を浴室内に充満させる狙いもあります。

全開だと沸くのに少し時間がかかるかも知れないので半分だけ。もちろんフタなしで沸かしても構いません。そしてもちろん風呂の扉も閉めておいてくださいね。

 

風呂場の壁に事前にシャワーなどでお湯をかけておく方法も有効といえば有効ですが、足も濡れるし面倒くさいので個人的には却下です(笑)

スポンサードリンク


お風呂の寒いときの3つの対策:まとめ


お風呂場が寒いときの3つの対策を書きましたが、要点だけまとめるとこんな感じになります。

  • お風呂の窓から入る隙間風や冷気は断熱シートで遮断
  • 脱衣所の寒さにはヒーター
  • 浴室内を温めるために換気扇オフでお湯を張る

お風呂の寒さを防ぐにはいろんな方法がありますが、これがいちばん手軽ですぐに出来る方法だと思います。
うちはこれをやってから浴室内の寒さが緩和されて追い焚きの回数が減りました。

全然違うのでぜひお試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■