お風呂場ってすごくカビが生えやすい場所。しかもカビが生えて時間が立っちゃうとカビ取り剤でも取れなくなってきちゃったり。だったら予防したほうが除去よりも全然ラクですし、お金もかからないですよね。

ということで、お風呂場のカビ予防の方法をご紹介しますね。ご参考にしていただけましたら幸いです^^



お風呂場はカビが繁殖しやすい環境!

 

カビは0℃~50℃ほどの環境で繁殖が可能。20℃以下になると繁殖スピードは大幅に低下するものの、環境が整えば冬でも繁殖可能です。

特に使った後のお風呂場はオールシーズン暖かく、湿度・温度共にカビにとっては最高の繁殖場所になります。

カビが最も繁殖が活発になる条件は【温度20~30℃、湿度60%】くらいと言われています。あとは適度な栄養と酸素があればカビにとってはパラダイスといえますね。

お風呂場の中でカビの栄養になるものは

  • 皮脂
  • 石鹸やシャンプー
  • ピンクの汚れ
  • 髪の毛

などです。

つまりカビが喜ぶ温度、湿度、栄養をどうにかすればカビ予防になるというわけですね。

 

お風呂上がりの一手間で簡単カビ予防

お風呂から出る時、壁や床などについた石鹸の泡などカビのエサになってしまうものをシャワーで洗い流します。その時、冷水で流せば風呂場全体の温度を下げられるのでカビの発生予防になります。

そのあとスクイージーなどで壁や床などの水滴をざっとでもいいからとっておき、換気扇を回して換気。風呂場の湿度を追い出します。できれば一晩は換気扇をつけっぱなしにして、お風呂の扉も3分の1程度開けておくと効果的です。

※扉を全開にしてしまうと、部屋の方に湿気が行ってしまいますし、閉め切っていると湿気がこもって乾燥しずらくなります。

 

カビ予防には冷水とお湯どっちをかける?

 

カビの発生を防ぐには冷水じゃなくてお湯をかけたほうがいいという説があります。これについて結論から言うと、水とお湯ではその目的が違います。

水をかける→ 風呂場の温度を下げてカビの繁殖を防ぐ効果

お湯をかける→ カビ菌を死滅させる効果

 

水をかけるというのは、カビが繁殖しやすい温度が20℃~30℃くらいなのでそれよりも温度を下げてカビを繁殖しずらくさせます。

逆にお湯をかける場合の効果ですが、カビは50℃以上の熱を加えると自身のタンパク質が変性して死滅してしまうのでそれを狙っています。

だからお湯をかける場合はなるべくゆっくり50℃以上のお湯をかけていく必要があります。ただしヤケド注意です。

 

スポンサードリンク


これはカビなの?ピンク色の汚れについて

 

よく風呂場の壁やゴム(シリコン)部分がピンク色になっていることがあります。これ実はカビではなく「ロドトルラ」という菌なんです。この菌はカビの栄養になるものなので見つけたら早めに落としておきましょう。

このロドトルラはカビに比べ繁殖スピードが早いので、もの凄いスピードで広がっていきます。ピンク汚れの発生原因、発生場所はカビと同じ条件なのでピンク汚れの場所にカビは生えてきます。言い換えるとピンクになっている場所はこれからカビが発生する場所ということになります。

ピンク汚れはこすれば簡単に取れるように見えますが、実はピンク色が取れただけで菌はそこに残っています。ロドトルラは特殊な膜の構造をもっているので洗剤や乾燥対して強く、普通の洗剤では落としにくいのです。

ピンク汚れの落としかた

エタノールを吹きかけ10分ほどおいてからこすると取れます。壁なんかだと流れていってしまうのでキッチンペーパーなどで貼り付けておくといいかもです。

おすすめは「バスマジックリン泡立ち除菌消臭プラス」菌の特殊な膜構造を破壊する除菌効果の高い洗剤です。吹きかけて5分ほどで流せばOKです。

 

お風呂のカビ予防まとめ

お風呂から出る時にやっておくといいカビ予防は、

  • 壁や床に冷水をかけて風呂場全体の温度を下げる
  • スクイーズなどでざっと水分をとる
  • 換気扇を回し、風呂のドアを少し開けておく

あとは一晩換気扇をつけておけばほぼ乾きます。換気扇を回しっぱなしにしてもそんなに電気代はかかりません。
カビは生えてしまったら取れない場合もあります。普段から習慣的に予防することでずーっときれいなお風呂場を維持したいですね^^

 

スポンサードリンク



 

 

 

■関連記事■