些細な事でイライラしてしまう。イライラに感情を支配されて対人関係もうまくいかない。人からみたら幸せな人生でも、本人にしか分からない、悩みやイライラの種はあるものです。

しかし、そんな悩みやイライラの種すらもわからない、イライラで困っている方も多いのではないでしょうか?私もそんな中の一人です。でも、できるだけ日常をおだやかに過ごしたいですよね。

今回はイライラの原因と解消法をまとめました。



イライラの原因トップ3!

なぜ人はイライラするのでしょうか?考えられる原因は3つあります。

体の疲れ・不調

「心の健康は体から」とはよくいったもので、体が疲れている時や、不調だと気分も落ち込みがちになってしまいます。

そして、体の疲れからくる心の不調は目に見えづらく気づきづらいのが難点です。そんな時は、自分にあったストレス方法を見つけてみましょう。

 

生理などのホルモンバランスの乱れ

悩む女性女性特有ではありますが月経前症候群が考えられます。いわゆるPMSです。

PMSとは、ホルモンが大きく変動することにより、生理の1~2週間前から精神的に不安になり、体調が悪くなり、イライラが増えます。

 

過度な期待

 

イライラの一番の原因は、自分の思い通りにならないときです。こう言い切ってしまうと、「単なるわがままでは?」と思われがちですが人間だれしも何かに期待しながら生きていると思います。

外で食事をすればおいしい物を望みますし、バスには時刻表通りの運行を望みます。

そういった些細な事も期待となり、その期待を裏切られれば、強引な言い方ですが自分の思い通りにならず、ストレスを感じます。

私もそうですが、人やモノに過度な期待をしてしまう人に陥りやすいイライラの原因ですね。

 

スポンサードリンク


 

イライラ解消に効果的なとっておきの方法!

 

そんなイライラ解消にとっておきの方法を紹介して!といわれると、私が一番におすすめしたいことは、運動です。

運動といってもハードな運動をしろ。といっているわけではありません。

例えば、ちょっと散歩をする。家から出たくない場合は家の中で簡単なストレッチをする。体を動かす事によって血液を全身に通わせることになり、体がリラックス状態になります。そして、全身に血液を通わせることにより代謝が促され汗をかきます。

 

お風呂でリラックス

運動後すこし温めのお風呂に肩までつかります。半身浴もいいですがイライラ解消は、やはり肩までしっかりつかり、体を温めてあげる事が効果的です。

このときに、自分の好きな音楽をかけるとさらにゆったりした気分になれます。ピアノ曲や歌謡曲など、そのときの気分のよって音楽をかけてみてください。すごくリラックスできますよ!

 

ゆっくり睡眠をとる

 

お風呂からあがったら、とにかく体が冷える前にお布団に入ってしまう事。体は一度冷えてしまうと温まるまでに時間がかかります。なるべく素早く寝る準備をしてお布団にはいりましょう。

あとは、まどろみに任せて寝てしまうだけ。そうした翌朝はとてもすっきりした気分で目覚める事ができます。

イライラ解消まとめ

 

脳からくる体の疲れと、体を動かしたことによる体の疲れでは、同じ疲れでも違ってきます。

少しの運動と温かいお風呂、ふかふかのお布団は最強です。イライラしたときこそ、運動をして汗をかき全身に血液を巡らせ、最大限にリラックスしてイライラを解消しましょう!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■