近年、省エネも進み健康のためにエアコンをつける事を推奨されていますよね。

年配の方など電気代が高いからといって暑さをガマンし、結果熱中症になり倒れてしまうというニュースもよく見かけるようになりました。エアコンは適度に使うことで熱中症の予防にもなり今や欠かせないものとなっていますよね。



エアコンの寿命はどのくらい?普段のメンテナンスは?

そもそも、エアコンの寿命は何年なのでしょうか?一般的に、家庭用エアコンの寿命は10年と言われています。購入から10年が経過しているエアコンは製品寿命が尽きかけているので修理よりも買い換えた方がお得!な時もあります。省エネ性能も年々あがってくるので、10年を目安に買い替えていいでしょう。

 

また、エアコンの寿命を縮めない使い方をすることも大切です。エアコンの大敵は、油やホコリそして結露しやすいなど、汚れやすい環境です。また、おそうじをせずに汚れたまま使い続けるのもよくありません。こまめに掃除するなどメンテナンスをしっかりしてあげれば、長く経済的に使う事ができます。

 

こまめに掃除してのエアコンを長持ちさせる

まず一番大切なところは、フィルターの掃除です。フィルターが汚れていると壊れやすいですし、冷却機能も衰えるので電気代もかかります。きれいに掃除してあげましょう。

  1. フィルターを外すときにほこりが舞わないように取り外す前に掃除機をかける
  2. フィルターは非常に薄いプラスチック樹脂でできているので外すときはゆっくり丁寧に。無理やりはずそうとすると負荷がかかり破損する可能性があるので気を付ける
  3. 外側からそっと掃除機をかけます。内側から吸うとホコリがフィルターの目に詰まってしまう
  4. フィルターの目詰まりを起こさないように月に1回お風呂場で優しく水洗いをして日陰干しする
スポンサードリンク


取り付け時のミスでエアコンが効かない場合も!
原因はガス抜け?

そもそも、ガス抜けは滅多に起こることではありません。20年以上漏れないという事例もあるくらい珍しいことです。ガス抜けの原因の多くは、電子部品の故障か室外機の故障です。問題なく冷たい風が出るのであれば、ガス抜け以外の原因があります。

ガス抜けが起こる原因として、取り付けの際のミスがあげられます。エアコンの取り付け、接続に不備があるとそこからガス抜けが発生します。大体1年以内に症状がでるのでメーカー保証で修理してもらいましょう。次に、エアコン移設工事で動かし方が悪いと冷媒ガスを送り込む銅管が変形し、そこからガス抜けが起こります。

引っ越しなどでエアコンを移動した場合に起こりやすいトラブルです。最後にコンプレッサー内の金属摩擦による劣化。コンプレッサー内の金属板は長年使用していると摩擦や細やかな傷ができます。そこからガス抜けが起こる事があります。

ガス抜けはどうしたら直る?

ガス抜けが原因の場合は、自分自身で冷媒ガスを補充できないので、エアコン専門業者か保障内であればメーカーに連絡をして、修理してもらうほかに方法はありません。

 

まとめ

ガス抜け・ガス漏れは素人では対処できないので、すぐに専門の業者に頼みましょう。また保証期間内であれば無料で修理してくれることもあるので、一度メーカーに問い合わせましょう。

エアコンの寿命を伸ばすためにも自分で出来るメンテナンスはしっかりやっていきましょう。そして、厳しい夏をエアコンと共に乗り越え、美しい秋の季節を迎えたいですね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■