毎日洗濯しているのに、気がつくとバスタオルにポツポツと黒い斑点や黒ずみが…!

お風呂上がりの清潔な体を拭いているだけなのに、なぜ!?と思っている方多いですよね。

気になる汚れの原因は?

黒くなってしまったバスタオルをきれいにする方法はあるのでしょうか?



洗濯しているのにバスタオルが黒ずむ原因は?

黒ずみの原因は幾つかありますが、主なものは次の3つです。

心当たりはありませんか?

汚れが残っている

洗濯機にギュウギュウに洗濯物を詰め込んでしまうと、汚れがしっかり落ちません。面倒でも、汚れのレベル別に分類し、汚れの再付着を防ぐためにも、タオルは汚れがひどいものとは別に洗うと良いでしょう。

 

洗濯物は洗濯機の容量の7割程度にするのが目安です。

また、ドラム式の洗濯機は一般的に縦型の洗濯機よりも洗浄力が弱いので、汚れが落ちきっていない場合があります。

 

柔軟剤の使いすぎ

柔軟剤は表面をコーティングする役割があるので、汚れが落ちていない状態で使うと黒ずみがますます濃くなる原因に!

柔軟剤が生地に残っていると、それも黒ずみの原因となるので、適量使って、すすぎを2回以上にしてしっかりすすぎましょう。

 

カビが生えている

タオルから嫌な臭いがしたり、黒いポツポツとしたものができてきたら、カビや細菌が繁殖しているかもしれません。

体を拭いた後のタオル、どうしていますか?

濡れたタオルを丸めたまま洗濯機に翌日まで放置したり、洗濯カゴに入れっぱなしにしている人は要注意です。

洗濯槽にカビが生えていることもあります。

部屋干しで生乾きにしてしまうのも、カビや細菌の原因になります。

 

バスタオルの黒ずみを取る方法

 

少し手間がかかりますが、漂白や煮洗いなどの方法が有効です。煮洗いしたときに鍋が黒ずんだりする場合があります。その時はこちらの記事を参考にしてみてください。

→ 【保存版】鍋の焦げ付きを取る方法!素材別で頑固なコゲをスッキリ

漂白してみる

 

風呂の残り湯などのぬるま湯(40~60℃くらい)で粉末の酸素系漂白剤を溶かし、そこへタオルを入れて1~2時間浸けおきし、そのあと洗濯機でふつうに洗濯します。

漂白剤がいちばん効果を発揮する温度が40~60℃の間なんです。温度が冷たすぎても熱すぎても黒ずみは思うように取れません。

この方法は、漂白剤の使用がNGな素材のタオルには使えないので、ご注意ください。

 

スポンサードリンク


煮洗いしてみる

漂白剤で黒ずみが落ちなかった場合、煮洗いに挑戦してみましょう。煮洗いはデリケートな素材には向かないので、表示などを確認して判斷してみてくださいね。

 

■やり方

鍋にお湯を沸かします。

粉石鹸(大さじ2)を溶かしタオルを入れて10分ほど煮たあと、よくすすぎ絞って干します。熱いのでヤケドに注意です!

※必ず粉石鹸を使ってください。粉末の洗濯用洗剤では黒ずみは取れません。

 

ただ、バスタオルが入るほどの大きな鍋をご家庭で持っている方はあまりいないと思うので、この方法はフェイスタオル向きかもしれません。

ちなみに、薄手のバスタオルでしたら、5リットルの鍋でなんとかいけます。

 

黒ずまないために普段から対策しておく

 

バスタオルが一度黒ずんでしまうと、それを落とすのは大変です。黒ずみの原因を理解して、あらかじめ汚れないように対策しておく方が手間がかかりませんよね!

  • バスタオルは、汚れのひどいものとは、一緒に洗わない
  • 柔軟剤を規定量より少なくする、または使わない
  • タオルを使ったら、風当たりの良いところで洗うまで干しておく
  • 2か月に一度は洗濯槽を掃除する

このような対策をしておくだけでも、清潔なタオルの状態を長く保てるはずですよ!

 

また、皆さんはどんな洗剤を使っていますか?液体タイプや、最近ではジェルボールタイプを使っている人も多いのでは。

ですが、実は、一番汚れが落ちやすいのは、昔ながらの粉末タイプです!

 

粉末洗剤は、目に見えない汚れに多い酸性の反対、アルカリ性なので酸性の汚れに直接反応して落ちやすくしてくれます。

関連記事:洗濯洗剤の粉末と液体って何がどう違うの?気になるジェルボールは?

 

試しに、普段使っている洗剤を粉末洗剤に変えてみるのも良い方法かもしれませんね。

ただし、粉末洗剤がきちんと溶けきらずに洗濯槽に残っていると、汚れやカビの原因になるので、しっかり溶かしてから使いましょう。

まとめ

 

バスタオルが黒ずんでしまったら、浸けおき洗いか煮洗いをして落ちる可能性があります。お気に入りのタオルを捨てる前に、一度トライしてみましょう。

黒ずんでしまってからではそれを落とすのは大変ですし、なかなか落ちません。普段から黒ずまない対策を心がけたいですね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■