ベッドのマットレスは長持ちするので、けっこう年数使ってたりしますよね。

少々ヘタってても「まだ大丈夫かな」なんて買いに行くのが面倒になって使い続けちゃったり。

ヘタレたマットレスを使っていると腰に負担がきたり熟睡出来なかったりと、快適な睡眠の妨げにもなりかねないので、今使っているマットレスの状態をチェックしてみては?



マットレスの寿命はどのくらい?

素材や使う人の体重・体格・汗のかき方など使用状況にもよりますが、長くて10年ほどと言われてます。

マットレスは一番体重がかかる腰やおしりがくる中央部分が凹みが生じやすくヘタリやすいです。目で見て中央部分が凹んでいた場合、買い替え時と思っていいでしょう。

その他にもギシギシと音を立てるようになればスプリング(コイル)自体が寿命の可能性がありますし、横になった時に中のスプリングがわかる(体に当たる)場合はスプリングを覆っている表面のマットの部分がヘタっている証拠です。

劣化したマットレスを使用し続けていると体の歪みの原因になり腰痛や肩こりなどの症状がでたり、凹んだベッドで寝ることで寝返りを打ちにくくなり、寝返りの度に目が覚めるなんてことにも。

マットレスをチェックしてみて劣化の症状に当てはまる場合は買い替えを検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク


マットレスを長持ちさせるために

いつもマットレスの同じ箇所で寝ているとそこだけ酷使され部分的にへたれてしまうので、マットレスを長持ちさせるために、たまに向きを変えてあげるのが有効です。

頭と足の位置を逆にしてみたり、裏表をひっくり返したりしてみましょう。もし今、真ん中が少し凹んだ状態でもひっくり返したら大丈夫な場合もあります。

ベットパットなどを敷いたりカバーをかけたりして汗や湿気からマットレスを守ることも大切です。

 

人は睡眠時約コップ1杯(200cc)程度の汗をかいていると言われています。この寝汗などの水分や塩分がマットレスのコイルを傷める原因になってしまう可能性があるのです。

 

また、マットレスをフローリングの床に直置きしないようにしましょう。湿気の逃げ場がなくカビの原因になります。下にすのこを敷いて風通しを良くしたり、除湿シートなどを敷いて湿気対策をするとカビを防げます。

マットレスのカビ対策についてもっと知りたい方はこちらの記事にまとめてあります。

 

干せないマットレスのお手入れ方法!湿気を飛ばしてカビ予防

 

まとめ

同じ睡眠時間でも睡眠の質を上げることで脳と体の回復は違います。マットレスは寝ている間、体を支えてくれるものです。このマットレスが劣化していては質のいい睡眠はとれません。

もしマットレスの寿命を見極めて心地の良い睡眠をてに入れてくださいね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■