卵の保存方法って気にしたことがありますか?

買ってきたら何の迷いもなく冷蔵庫に入れている方が多いと思います。

意外と知らない(?)卵の保存法をまとめました。



卵を保存する時の正しい向き

 

卵をしまう時の向きは「卵は丸いほうを上に、尖っているほうを下に向けて保存」と言われます。その理由は主に3つありました。

殻の厚み

卵の殻の厚さは均一ではなく、先が丸いほうをが殻が薄く尖ったほうにいくにしたがって厚くなります。

先が丸いほうが殻が薄いのでその分割れやすく、(置いた時などの)衝撃で割れることを防ぐためにそのようにパックに入って売られています。

 

雑菌の侵入

卵は古くなると中で卵黄が浮いてきます。

その時に尖った方を上にしていると中の薄皮に触れやすくなり、雑菌が入ってくる可能性があります。

 

気室

卵の丸い方には「気室」という空気が入った部屋(?)のようなものがあり、それを下にすると空気が上に上がろうとするので安定しません。

 

卵を保存するときの注意点

卵には目に見えないくらい小さな穴がたくさん空いていて、そこから呼吸をしています。

ニオイが強いものと一緒にしてしまうとそのニオイが移ってしまう可能性がありますし、水で洗えばそこから雑菌が入ってきてしまいます。

ニオイの強いものと一緒にせず、汚れていた場合も水で洗わずに乾いた布などで優しく拭き取りましょう。

どうしても洗いたいときは調理するの直前がおすすめです。

 

スポンサードリンク


卵をしまう時はパックのままがおすすめ!

 

卵を買ってきたら冷蔵庫の卵を置くところ(ドアポケット)にしまいますよね。

でもこのドアポケットに移し替えて保存するよりも買ってきたパックのままで保存したほうがいいんです。

 

ドアポケットに移し替えて収納した場合、冷蔵庫のドアの開け閉めの衝撃でヒビが入ったり割れてしまうこともあります。そうなるとひび割れた卵に雑菌が入り込みますし、割れてしまうとお掃除も手間になります。

その他にもニオイ移りしにくいとか、温度を一定に保ちやすいなどの効果もあります。パックだと最初から尖ったほうが下向きになって入ってますしね。

 

卵は常温で売っているけど保存も常温?

 

スーパなので売っている卵ですが、冷蔵ではなく常温でおかれていますよね。家でも常温保存ができるのか説明していきたいと思います。

卵は一応常温で保存することができます

 

ですが、日差しが強く当たる場所だったり、暑すぎる場合は、サルモネラ菌というものが卵に繁殖してしまうので傷みが早くなってしまいます。

なので常温でも、風通しがよく暗く冷たい場所での保存がいいでしょう。

あんまり暑い場所で保存した場合、菌が繁殖して食中毒になってしまう可能性もあるので、夏は常温保存には向きません。

やっぱり冷蔵庫が安心ですよね(;^ω^)

 

 

 

 

まとめ

卵の保存方法はいろんなやり方がありますが、注意点は

  • 尖った方を下にして保存
  • ニオイの強いものの近くに置かない
  • 洗わない(洗うなら調理直前)
  • できればパックのまま保存がベスト

・・ですかね。

スーパーなどで売られている卵は温度管理がちゃんとしている環境なので常温で大丈夫なんですね。お家ではそこまで温度管理が出来ないので冷蔵保存が安心ですよね。

少しでもご参考にしていただければ嬉しく思います^^

 

スポンサードリンク



■関連記事■