梅雨の終わりごろから秋頃にかけては台風が多く発生する時期ですが、台風対策はどんなものを考えていますか?

台風対策と一言で言っても、家や車の破損からライフラインの断絶や二次災害の対策などいろいろありますが、今回は考えられる台風対策をすべてまとめました。

上の目次から必要な項目を参考にして頂けましたら幸いです。



台風による家や車の破損・浸水対策

 

台風対策は事前準備が大切です。台風が接近してから準備をしようと思っても仕事の都合などで予定が合わないとなかなか進められないものです。

特に家周りの準備は日数が必要な場合もありますので台風の時期になったら確認やチェックなどをしておきましょう。

窓ガラスの破損対策

台風の時は雨戸をしっかり閉めておきたいところ。

ですが普段雨戸を使っていないとスムーズに閉まらなかったり締まってもガタガタしたり、稀ですが雨戸の扉が収納されているところに鳥が巣を作ってたなんてこともあります。

事前にちゃんと閉まるかチェックしておくといざというとき安心です。

 

雨戸がない窓には養生テープや飛散防止フィルムを貼るなどして、割れても破片が飛び散らない対策をすると共に、窓際に家電(パソコンや電話など)を置かないようにしておきます。

台風時だけじゃなく、雹が降ったときなども窓ガラスは割れる心配があります。窓が割れて雨が入ってきてしまえば家電も壊れてしまいますし、後片付けも大変ですのでしっかりと対策することをおすすめします。

 

 

家の周りをチェックしておく

台風の強風に煽られて植木鉢や物干し竿などが落ちたりしてしまわないように片付けておきます。物干し竿は外して地面に置いておくだけでも違います。風の影響を受けにくい場所に移動させましょう。

 

ベランダの排水口も落ち葉などで詰まっていないか確認し掃除をしておきます。排水口が詰まっていると水がはけずにベランダに水が溜まったり、最悪浸水の可能性もありますので事前チェックは必要です。

家の浸水対策

家が川の近くや低地にある場合は特に浸水の可能性があります。今までは浸水したことがなくても想定外の大雨が降ることもあります。土嚢を準備したり貴重品や電化製品を高い位置に避難させておくと安心です。

トイレも浸水してしまいそうなら簡易トイレの用意をしておきます。

車の避難

屋根のない屋外に駐車していると風でものが飛んできた時にぶつかってへこんだり、破損したりする恐れがあります。屋内駐車場に避難できるようならしておくと安心です。

場所と雨量によっては地下の駐車場だと浸水の可能性もありますので、避けたほうが無難です。

車を避難させる駐車場が近くにない場合、万が一に備えて車両保険の見直しや確認などしておくといいと思います。車体が古いと最高でもここまでしか保険が効きませんという場合があります。(全額でないってこと)

 

スポンサードリンク


台風によるライフラインの断絶に備える

 

台風によって一時的に停電や断水などが起こることがあります。すぐに復旧すれば問題ないですが、こればっかりはなんとも言えないですよね。

数日分用意しておけば台風の時だけじゃなく、非常時にも有効です。

水や食料の確保

飲料用の水は一人当たり2~4L必要と言われています。非常食も水でふやかすタイプのものも多いですし安い時に買っておいて常備しておきたいですね。

最低3日分の用意をしておきましょう。
 

 

停電の備え

懐中電灯や電池式やソーラータイプの電灯、その他にも電池や情報を確保するためのラジオなどを用意しておきましょう。

停電すると携帯も充電が出来なくなるため予めフル充電しておき、万が一停電になってしまったら使用をセーブするなどして本当に必要な時に使えるようにしておきましょう。

予備の電池パックやモバイルバッテリーがあるとさらに安心です。

 

 

停電時は冷蔵庫も止まってしまいます。保冷のため極力開け閉めしないようにし、停電が長引きそうなら庫内にある食品から食べるようにすると無駄になりません。

カセットコンロがあると簡単な調理ができるので持っておくといいかも知れませんね。

台風時にとくに注意すること

 

台風が近くにいる時は外にでないようにします。

強風で何が飛んで来るかわからず危険ですし、山沿いや川の近くなどは予期しないところからの鉄砲水や、土砂崩れや河川の氾濫などが起きる可能性があります。

 

台風時は海が荒れて高波が来ることもあります。港や岬・橋などに近づかないようにし、台風が過ぎ去ってもまだ波が高いこともあるので十分注意が必要です。

 

自主避難

 

状況によっては自宅にいることが危険なこともあります。「危ない」「怖い」と思ったら早めに近くの避難所へ避難しましょう。

もし一人では移動しにくい状況であるなら近隣の方に助けてもらうようにするなどして、身の安全を確保してください。

 

台風対策まとめ

台風は前もって知ることができる自然災害です。前もって準備出来ることはやっておき、あとは状況に応じて適切に判斷してください。

避難場所がどこなのかわからない場合はYahoo! 提供の避難所マップのリンクを貼っておくので確認して頂ければと思います。

Yahoo! 避難所マップ

 

スポンサードリンク