夏になると猫も暑いようで我が家の猫はよくフローリングなどでだらーんと伸び切っています。そりゃそうですよね。毛皮まで着てるんですもん。

室内飼いの猫さんなんかだと締め切った室内で留守番なんてことも多くて、「熱中症大丈夫かな?」なんて心配になってしまいますよね。

猫って結構暑さに強いイメージですがやっぱり万が一を考えると対策しておいたほうがいいかなと思います。



猫の熱中症対策失敗例(我が家の場合)

猫の暑さ対策グッズで定番なクールマット。あれね、使ってくれないです。この世にはちゃんと使ってくれるお猫様もいらっしゃるようですがうちのはダメでした。コレばっかりは買い与えてみないとわからないですが、購入される場合は「ひょっとしたら使ってくれないかも知れない」という事を想定しておいたほうがいいかもです。

あとは、猫の水を飲む量がかなり増えるので通常の容器だとすぐに足りなくなってしまいます。かといってご飯の横に置いておくと水が無くなる前に汚れてしまって飲まないっていう事に・・。

自分がいればこまめに取り替えてあげられますが出掛けていたりするとそうはいきません。ご飯と少し離した場所にもお水を置いておくといいですよ。うちはお風呂場の洗面器に水を汲んでおいてます(^○^)

 

猫の熱中症対策で効果ありと思ったもの

 

熱中症を防ぐためには外の暑さが部屋の中に入ってこないようにしたり、部屋の温度を下げたりっていう事をする必要がありますよね。その中でも効果あるなと思った方法をご紹介しますね!

窓をちょい開けする

窓をちょこっと開けると風通しは良くなりますが、防犯面が気になりますし網戸を自分で開けて外に出ちゃう猫さんなんかもいるので躊躇しちゃいますよね。そういうときは網戸ストッパーや窓をロックできるものなんかを使うと防犯や猫の窓開けを防いでくれるのでいいかなと思います。

 

遮熱する

雨戸がシャッタータイプなら半分だけ閉めるとかなり違います。引き戸タイプの雨戸の場合は半分しめても効果イマイチなので、遮熱効果のあるカーテンやスダレをつけるのがいいかと。スダレの場合は窓の上半分だけつけるのがおすすめです。窓の下の方までくるものをつけてしまうと猫の爪にやられてスダレがボロボロになる可能性があるので上だけで。

あとは普通にカーテンを閉めておけばかなり違いますよ!すだれは100円ショップなどで売っています^^

エアコンを使う

エアコンは一日中つけっぱなしだと電気代もかかるので、使う場合はタイマーで一番暑い時間帯だけつけるようにセットしておきます。28度設定で12時~15時の3時間程度ならそんなに費用もかかりません。

 

熱中症の症状と対処方法

 

気をつけていても熱中症にかかり具合が悪くなってしまう場合もあります。なんかいつもと様子が違うと感じたらすぐに対処してあげてください。

熱中症になっていると感じたらまず、体温を下げてあげましょう。猫を日かげや適度な温度のクーラーがきいた部屋、お風呂場などの涼しいところに移動してあげましょう。

脱水症状に陥っているので水やペット用の電解質をとるためのスポーツドリンクなどをスポイトなどで飲ませてあげましょう。また、霧吹きなどで水をかけてあげて、扇風機やうちわなどで風を送って気化熱による体温を下げることも効果的です。急激に体温を下げると血管の収縮を過度に引き起こすため、氷水で冷やしたりいきなり寒い冷房の中につれていくなど急激に体温を下げる事はやめてあげてくださいね。

家での対処は症状が軽い場合や応急処置にとしてになるので、改善がみられない場合はすぐに病院につれていってあげてください。

 

熱中症の症状

  • 元気がなく、ぐったりしている。
  • 普段より食欲がない。
  • 呼吸があらくなっている。
  • 歩き方がふらふらとしている。
  • 大量にヨダレを出している。
  • 脈拍・心拍数が早い。
  • 口の中の色が鮮紅色になっている。
  • 血圧の低下がみられる。
  • 眼球の動きがおかしい。
  • おう吐した。
  • 下痢や血便が見られる。
  • けいれんを起こしている

こうなってしまうともうかなりヤバイ感じなので即病院です。

 

スポンサードリンク


 

連れていける病院を予め探しておく

 

何か合った時のために連れていける病院を探しておくことはとても大事です。いつも連れていくかかりつけの病院の他に念のため2件くらい目星をつけておきます。目安は診察時間の他に時間外で対応してくれるかどうか、自分が連れていける範囲にあるかどうかです。先生との相性もあるので一度受診しておくと安心です。

車などの移動手段がない場合はタクシーなどを使う事になるのでタクシー会社の連絡先も用意しておくとスムーズです。

熱中症に限らず、パッと見てこれは明らかにいつもと違う・・と感じた場合は時間との勝負になることもあります。5分の差が命を分ける可能性すらあるんです。そうならないためにも連れていける病院を探しておくのは必須になります。

 

猫の熱中症対策まとめ

  • 新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく
  • 窓をちょい開けして風通しを良くする
  • 外から入ってくる熱をカーテンなどで遮る
  • エアコンをタイマーセットしておく
  • 病院を探しておく

猫の熱中症対策は外気からの熱を遮断したり、部屋の温度を下げる、風通しを良くするなど、人と変わりません。やりやすい方法を取り入れて猫さんの熱中症を防いであげてくださいね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■