お布団の寿命ってご存知ですか?布団は目に見えて破損などしない限りはつい何となく使い続けてしまうもの。なんか寝心地悪いんだよな~・・なんて思ったら、それは布団の寿命かも知れません。

 

睡眠は一日の疲れを癒やして、また明日元気に活動するために大切なもの。どういった状態になったら買い替えたほうがいいのか目安についてもまとめたのでご参考にしてみてください。



布団の寿命について

 

布団の寿命は、素材や使用環境、汗の量や体重などによって変わり、一般的には掛け布団は10~15年、敷布団は5~10年、羽毛は15~20年ほどと言われています。

中身の劣化はもちろん、外側の生地が破けたりほつれたりした場合も買い替えや打ち直しなどを検討したほうがいいでしょう。

 

掛け布団の買い換えの目安

掛け布団の寿命、つまり買い替え時期は保温力の低下が一つの目安になります。

中綿もしくは中の羽毛がヘタってくることで空気を十分に含むことが出来ず、保温するために必要な空気の層が少なくなるために寒く感じてしまいます。

 

打ち直しや布団丸ごとクリーニングで回復することもありますが、金額によっては買い替えたほうが安い事もあります。布団を干すことで回復する場合はまだ大丈夫です。

布団を傷めず長持ちさせる干し方

 

クリーニングの目安は3~5年に1回程度、布団のリフォームや打ち直しは10年に1回程度です。

 

スポンサードリンク


 

敷布団を買い替える目安

敷布団はヘタって真ん中が凹んでいる状態が買い替えの目安になります。

お尻や腰の部分は重心がかかりやすくヘタりやすいので、上下や裏表を返してみて寝心地などが回復できればまだ大丈夫です。敷布団は体重を支え、寝汗も吸うので掛け布団に比べて劣化が早くなります。

 

1~2年に1度ほどクリーニングに出したり、こまめに干すなどすると長持ちしやすいです。

 

低反発やムアツ布団などのウレタン系の素材は変形しやすく、寝汗で傷みやすいので、寿命は5年程度と短めになります。

 

最後に

布団のリフォームや打ち直しは、中の綿自体がもう寿命であればあまり意味がありません。今は布団のリフォームをするより買ってしまったほうが安い場合もあります。特に思い入れなどがなければ買い替えてしまってもいいのかなと思います。
 

 

クリーニングや打ち直しをする場合は見積もり依頼時に金額だけでなく、どのくらいの日数がかかるのかも確認しておきましょう。

 

布団が劣化していると睡眠の質が低下しいろいろな体の不調がでたりすることもあります。もし寝心地が悪い・布団が固いなど感じていたら布団の状態を見直してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■