最近いろんな洗濯洗剤が出ていますね。

似たようなパッケージばかりでどれも同じに見えてしまい、安い粉末洗剤を買ったり、なんとなく宣伝とかでやってる液体洗剤を買ったりと、特にこだわりを持って洗濯洗剤を買ってる人は少ないと思います。

そこで今回は、液体洗剤と粉末洗剤の何が違うのか、どういう目的の時にどちらを使えばいいのかなどを紹介していきたいと思います。



 洗濯洗剤の粉末と液体の違い

 

簡単に大きく二つに分けると、粉末洗剤のほとんどはアルカリ性、そして液体洗剤のほとんどが中性です。

ほかにもいろいろ製品によって細かい違いもありますが、大きな違いはこの成分の違いなのです。汚れというのは酸性ならアルカリ性で落とす、と言った具合に反対の性質のもので落とすのが基本です。

だから液体や粉末にもそれぞれ得意分野があります。

 

粉末洗剤は洗浄力が高い

アルカリ性の粉末洗剤は食べ物をこぼしてついた汚れや、運動や仕事などでかいた汗など酸性の汚れに適しています。

我が家では泥汚れなど頑固な汚れには残り湯で前の晩からつけ置きし、翌朝そのまま洗濯していますが、かなりきれいになると感じています。

 

粉末洗剤は安くて洗浄力が高いのが魅力ですが、反面アルカリ性という性質上服へのダメージが大きくなります

強力な汚れ落とすアルカリ性は色合いが鮮やかな服は色落ちしやすいですし、アルカリ性は肌に良くないので敏感肌の方や赤ちゃんの服には避けたほうが無難かもしれません。

 

スポンサードリンク


 

液体洗剤は洗濯ダメージが少ない

 

中性である液体洗剤は汚れが落ちという点では粉末洗剤にかないません。

その分中性である液体洗剤は素材による影響も少ないので、下着や赤ちゃん用のタオル、ブランド物の服、色合いが鮮やかであったり黒や紺色などの服であるなど、痛ませたくないものや色鮮やかなもの、赤ちゃんの肌に触れるものなどの洗濯に適しています。

 

粉末洗剤と液体洗剤のメリット・デメリット

粉末洗剤

■メリット

  • 洗浄力が高い
  • 価格が安い

■デメリット

  • 洗濯ダメージが心配
  • 冬など水が冷たいと洗剤が溶けにくい
  • すすぎをしっかりしなければならないため、水道代がかかる。
  • 赤ちゃんの肌に当たるものにはよくない

 

液体洗剤

■メリット

  • 洗濯ダメージが少ない
  • すすぎ一回でできるものもあり、節水・時短ができる
  • 水に溶けやすい
  • 皮脂汚れに強い
  • コンパクトで収納しやすい

■デメリット

  • 粉末洗剤に比べて洗浄力が低い
  • 価格が高い

 

パッと見た感じメリットが多くデメリットが少ないのは液体洗剤ですね。

 

ちょっと豆知識!粉末洗剤の溶け残りを防ぐ方法

 

粉末洗剤の洗浄力は好きだけど溶け残りがちょっと・・という場合は入れ方に一工夫してみてください。

粉洗剤は一度にバサッと入れないで全体にふりかけるようにすると一箇所に固まらずに溶けやすくなります。

あとは洗濯物を入れすぎたことで洗濯機がうまく回らずに洗剤もちゃんと溶けない場合もあります。洗濯機が上手く回らないと洗浄力も半減です。洗濯物は7~8割を目安にしましょう。

ぬるま湯で溶かしておいたり、風呂の残り湯を使うのも溶け残りしにくいです。

 

ジェルボールはどうなの?

 

ジェルボールは液体洗剤と同じ中性ですが洗浄力は数段上です。ジェルボールには液体洗剤にはない成分「キレート剤(金属封鎖剤)」が含まれています。

キレート剤は水中にある金属イオンをシャットアウトし泡立ちを促進させる効果があり、これが液体洗剤よりも洗浄力をアップさせている秘訣なんです。

しかも消臭効果が高く、計量いらずですすぎは1回でいいという便利さ。ただ、デメリットもしっかりあります。

ジェルボールのデメリット

  • 価格が高い
  • 香りが強い
  • 量が調節出来ない
  • 耐熱が35度まで
  • 濡れた手で触ると膜がとける

なぜかデメリットだけまとめましたが・・。

 

補足をいれると、量が調節できないので、少量の洗濯物にも1コ使わなければならずコスパがよくないです。表面の膜も耐熱が35度までなので、夏場などは涼しい場所に置いてお必要があります。

溶けてしまうと洗剤同士がくっついてしまい無理に剥がすと大惨事になります・・。あと、この膜は水溶性なので、濡れた手でさわると溶けて破れます。

 

まとめ

粉末洗剤も液体洗剤もそれぞれ得意な汚れ・分野が違うので、洗浄力重視なら粉末洗剤洗濯ダメージを防ぎたいなら液体洗剤間を取るならジェルボール、と言った具合に洗濯物や汚れに合わせて使い分けるのがいいと思います。

目的や用途、ライフスタイルに合わせた洗剤選びができると洗濯ライフもストレスなく楽にできるようになるかも知れませんね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■