浴室の鏡の白いウロコのような水垢・・なかなか落ちませんよね。

この水垢にはクエン酸がいいと聞いたので早速試してみました。ホントに落ちるのかな~?



浴槽の鏡についた水垢をクエン酸でお掃除!

水垢が出来るのは水道水に含まれるカルキが原因!このカルキに含まれるカルシウムが水分蒸発の時にその場に残ってしまい、あの白いウロコのようなくすみになってしまうのです。

この白いウロコ状の水垢はアルカリ性なので逆の性質を持つクエン酸が効くというわけです。

 

で、買ってきたのはこの2つ。クエン酸だけで良かったかもです。(100均で売ってます)

 

 

最初は「クエン酸メラミンスポンジ」でこすって見たんですけど、正直ちょっとパッとしませんでした。

 

これが開封したスポンジ。周りに散らばっている白い粉はクエン酸です。

白い部分と黄色い部分の2層になっていて、白と黄色の間にクエン酸が仕込んであるもよう。

白い部分は普通のメラミンスポンジで、黄色い部分はなんかよく解らないんですが若干目が粗いです。

 

 

クエン酸水を作ってさらに鏡の水垢をこすってみた

 

とりあえず、掃除する前のうちの浴室の鏡はこんな感じです。

結構な勢いで汚いです・・(;´д`)

 

 

使用したクエン酸水は、洗面器にクエン酸を適用に入れ水も適当に入れて作りました。ちなみに結構濃い目に作ってます。

※クエン酸水のちゃんとした分量はクエン酸小さじ1に対して水200mlです。

 

洗面器に作ったクエン酸水に買ってきたメラミンスポンジをつけながら、目の粗い黄色い面でゴシゴシこすっていきます。鏡が濡れていると落ちているのか分かりにくいです。

 

 

これがこすった後。↓

 

かなりキレイになってます!

 

が、しかし!

写真では分かりにくいんですが、肉眼でみると白いウロコが残ってるんですよね。

完全に落とすのは無理かも知れないんですが、

「う~ん・・もうちょっと落としたいよな~・・」

というレベルです。

スポンサードリンク


 

クエン酸水を鏡に貼り付けてみた

クエン酸水は張り付かないので、キッチンペーパーに含ませて貼り付けました。

コレ↓

 

ダラッダラに垂れてますけどキニシナイ(・∀・)

この状態で20分くらい放置。そのあと軽くスポンジでこすりました。本当に軽くシャシャシャーっとしかこすってません。

 

じゃじゃーん!

かなりキレイになりました!

やるね、クエン酸(笑)

 

鏡の水垢落としの注意点と感想など

 

手袋しないとちょっと手が荒れるかもです。

わたしは手袋しないで使ってしまったので終わったあと手がカサカサしました。手に傷があるとメッチャ染みるので、手袋はした方がいいです。

 

クエン酸は表示にも書いてありますが、塩素系のものと一緒に使うと有毒なガスが発生して危険ですので単体でお使いくださいね。あと、酸性なので、金属に使うと錆びる恐れがあります。

”クエン酸メラミンスポンジ”  は必要なかったなと思いました。普通のちょっとザラつきのあるスポンジで問題ないです。

 

写真ではかなりキレイに写ってますが、実際は白いウロコがうっすらと残ります。もっと頑固な水垢だと貼り付け時間を長くしたほうがいいかも知れません。

 

もっと綺麗に取れる方法があったら追記などしていきますね^^

ではでは

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■