生ゴミの消臭方法って消臭剤とかアルコールとか、その他にもディスポーザーとか。お金をかければいくらでもありますよね。

でも生ゴミの臭いって気になるのは夏前後の暑い時期だけです。そんなにお金をかけずに、出来れば手間もあまりかけずに消臭したいと思うのは私だけじゃないはず!

そんなズボラでケチな私と同類の主婦におすすめの夏の生ゴミ消臭対策です^^



生ゴミを臭わせないためには水切りが大事

蓋付きのゴミ箱を使うという手もあるのですが、結局開けた時に臭いますし、フタの裏側にカビが生えて不衛生になったりするので、生ゴミ自体を臭わせないようにした方がいいのかなと思います。

 

生ゴミはしっかりと水気を切っておかないと、そこに雑菌が繁殖し臭いの原因になってしまいます。野菜の皮などの野菜くずを濡らさないようにしたり、食べ残しはしっかりと水気を切るなどしてから新聞紙や広告などに包んで捨てるようにすると臭いを軽減できます。

 

特に魚の内臓やお肉をさばいた後の脂肪や筋などは傷みやすく臭いも発生しやすいので新聞紙に包んでビニールやラップなどで密封しておきましょう。

嫌でなければその状態でゴミの日まで冷凍庫にしまっておけば臭いません。

 

生ゴミの消臭に重曹を使う

重曹を生ゴミの上から直接ふりかけて使えば臭いだけじゃなく、水分もを吸い取ってくれます。しっかりと水を切った生ゴミを密封する前にサッとふりかけておくだけで消臭できます。

 

重曹水などを作っておいてシュッと吹きかけておいても臭いを軽減できます。重曹スプレーのほうが重曹がまんべんなく行き渡ります。

重曹小さじ1に対して水100mlでつくれます。

100円ショップに行くと重曹水スプレーが売ってる場合もあります。作るのが面倒な時は購入してみては?

お酢スプレーやクエン酸スプレーでも効果あります。

 

スポンサードリンク


 

三角コーナーをやめてみる

三角コーナーの代わりに牛乳パックや新聞袋を使ってみるのもおすすめです。

牛乳パックはちょっとゴミを入れる間口が狭いなと思うのですが、水漏れしないので臭いが漏れづらいです。牛乳パックの底に新聞紙をちょこっと仕込んでおいて使えば水分も吸ってくれます。

 

新聞で作った袋は新聞紙が水分を吸い取ってくれますし、わざわざ生ゴミを新聞紙に包む手間も省けます。調理する時にまな板の上に置いておいて、そこにゴミを入れていけば濡らすことなく処理できます。

 

 

 

新聞紙で作る生ゴミ入れ

新聞紙じゃなくてチラシなどでも構いません。簡単なので是非作ってみてください。

 

まとめ

生ゴミを臭わせないためには水切りが大切です。

なるべく濡らさないようにして新聞紙に包んだり、重曹など消臭効果のあるものをふりかけるだけでも臭いは軽減されます。

生ゴミ臭をキッチンから追い出して、臭いのストレスなく夏を過ごしたいですね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■