足がクッサイと我ながら鼻がもげそうになりますよね(笑)

そんなお気楽な感じで書いてますけど、足のニオイって結構深刻だったりします。だって靴脱げませんし履いていても車などの閉鎖空間ではにおってしまう可能性大です。

どこかで「なんか臭くない?」なんて小耳に挟もうものならギクッとしちゃったりして。靴を洗えるなら洗ったほうがいいですがそうはいかない靴もありますよね。

そんなお悩みに消臭効果のある方法をご紹介です。足の臭いなんてピタッと消しちゃいましょう!



足の臭いの原因はムレること

足の臭いの原因は湿度と温度です。

足の裏の皮膚は古くなった角質がたまっています。その古くなった角質が剥がれたものが靴の中に潜む雑菌や常在菌の餌となり分解される過程で臭いが発生します。そしてその菌が繁殖し、爆発的に繁殖する条件が温度と湿度というわけです。

臭い発生の元になる雑菌が繁殖して数が増えればその分臭いも強くなります。この雑菌の繁殖を抑えたり菌を殺菌したりすれば臭いは消えるということになります。

ちなみに雑菌の活動が活発になるのは温度が15度以上、湿度70%です。靴を履いた足は温度が30度、湿度90%以上にもなると言われていて雑菌の繁殖には好都合な状況になります。

靴の消臭と臭いの予防

足の臭いと靴の臭いはワンセットとも言えます。靴が臭いままで履いたら足に臭いが移ってしまうし、足が臭いままで靴を履けばまた靴が臭くなってしまいます。だから両方やらないと意味がないんです。

靴を休ませる

一日履いた靴には水分や湿気が多く含まれていて、この湿気を飛ばすのに最低2日ほど必要だそう。湿気がとれないままの状態で履き続けると臭い発生の元になってしまいます。

靴を休ませることが足の臭いの予防にもなるんですね。

靴の中に重曹を入れる

重曹をストッキングなどに入れてキツく縛ったものなどを用意し、それを靴の中に入れておくだけです。靴の中に入るくらいの量で作ってください。100グラムくらい?靴のサイズが大きければもっと多くてもいいですし、子ども用なら少なくしてもいいですね。要は靴の中に入ればいいので大体で大丈夫です。かといって少なすぎても靴との接地面的にどうなんだという疑問も残るのでケチりすぎないようにしてくださいね。

ストッキングなどない!とか、そんなの作るの面倒臭いという場合は小さじ1杯くらいの重曹を直接靴の中にふりかけ、ちょっと靴をフリフリしてまんべんなく行き届くようにしてください。重曹は出さずにそのまま履いていってOKです。あんまり靴の中で重曹が余ってしまうようだと消えずに残ってしまうので靴の中全体に行き渡るくらいがベストです。

重曹はアルカリ性でタンパク汚れなど(この場合垢や雑菌など)の臭いを中和してくれるので消臭効果も期待できるんです

 

スポンサードリンク


 

靴を冷凍

靴を冷凍すると臭いが取れるらしいと、そういう方法もあるようですがおすすめはしません。実際に試したことはないですが0度に近い状態ではバクテリアなどの雑菌は生き残れないため死滅し、その影響で靴の臭いが改善されるようです。

でも食品が入った冷凍庫の中に靴が入っているのはあまり気持ちのいいものではないですし、翌日陰干ししないと履けないんじゃないのかなと思ってしまいます。冷凍庫から出したものというのは周りの空気中の水分を引き寄せます。冷たいものって汗かいてますよね?あれと同じで湿り気呼んでしまい革靴などの場合だと痛む原因になったりするんじゃないかなと、思うんです。

靴を冷凍したことがないのであくまでも私の憶測ですが・・(^_^;)

あと冷たすぎて履けないっていうのもありますね。
 

足の臭い対策

 
うちの息子がそうなんですけど、足が臭いといくら石鹸で洗っても臭いが足にこびりついて取れなかったりします。洗った後クンクン嗅いで確認したので間違いありません!その場合だと石鹸で洗う以外の対処をしないと臭いは取れないですよね。

逆性石鹸を使う

通常の石鹸とは違って汚れを落とす力はありませんが殺菌力があります。細菌やカビなどに吸着してタンパク質やセルロースを変質させて破壊することで殺菌効果を発揮します。

ドラッグストアや薬局で買えます。大体20倍くらいに薄めて使いますがものによっては希釈が違うので使用方法をよく読んで使ってくださいね。
 

ミョウバン水を使う

ミョウバンには菌の増殖を抑える働きがあり、臭いを抑制してくれる効果があります。制汗作用もあるみたいですが、そっちはよくわかりませんでした。スミマセン。

ミョウバン水の作り方ですが粉状になっている焼きミョウバンを使うと作りやすいと思います。ミョウバンが完全に溶けるのに1~2日ほどかかるので、すぐに使いたい場合はちょっとお湯で溶かしてから水で薄めるといいですよ!

ミョウバン水原液

水1500ccに対して焼きミョウバン50gを入れる

原液を10%に薄めるには

ミョウバン水原液100ccに水1000ccで薄める

 

重曹水で足湯

重曹に殺菌効果はありませんがアルカリ性のため、タンパク質による臭いを中和してくれる効果があります。

方法はぬるま湯1Lに対して重曹大さじ3杯を入れて溶かし、そこに足をつけておくだけです。15分くらいつけておけばいいと思います。あんまり長くてもお湯冷めちゃいますしね。

重曹には角質ケアの効果もあるので雑菌のエサも減りますし、かかともつるつるになります。

足のニオイ対策まとめ

靴の臭い対策

  • 毎日同じ靴を履かない
  • 靴の中に重奏を入れる

足のニオイ対策

  • 逆性石鹸を使う
  • ミョウバン水を使う
  • 重曹水で足湯

足の臭い対策には足だけじゃなく、靴も同時に消臭しないとあんまり意味ないです。少々面倒かも知れませんが臭いって言われちゃうよりも全然いいと思うのでぜひやってみてくださいね。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■