スーパーでお魚を買うという主婦さんは多いと思います。そして主婦たるもの、出来るだけ新鮮なお魚を買いたいと思うのも当然です。

今回は切り身の状態と一尾の状態、それぞれのお魚の鮮度の見分けかたをまとめました。美味しいお魚をゲットしていただけましたら嬉しいです。



新鮮な魚の見分け方【一尾の場合】

カットされていない一匹のままの状態で売られている魚の事を一尾と言うのですが、スーパーでパックに入ったまま鮮度を見分けるには「目」「皮」「ヒレ」「ドリップ」などでしょうか。

 

皮の状態ですが、表面がはげている、乾いている、黒ずんでいる、などのものは避け、滑らかでツヤがありみずみずしい物を選ぶようにします。

斑点などの模様がある魚は模様がハッキリとしたものがいいです。

青魚は真水で洗うと色が鮮やかな青色に変わります。本来は茶色がかったような濃い色をしているので、そういったものを選ぶようにします。

鱗の状態まで見られるようであれば、なるべくたくさん残っているものにします。

 

魚は時間が経つにつれてだんだん目が濁り陥没していきます。白目が充血し、茶色になっているものは鮮度が落ちています。目が澄んでいてふっくらと盛り上がっているものが新鮮です。

 

スポンサードリンク


 

パックに入っていない状態で売られている場合もありますよね。

そういった時はエラの内側を少しめくってみて、黒ずんでいたりくすんで茶色くなっていないか確認してみましょう。鮮やかな赤色をしているものが新鮮です。

このとき無理にトングなどでめくったりなどはしないようにしてくださいね。魚が傷んでしまう原因になってしまうので。

ヒレはピンと張り、傷のないものを選ぶようにするといいでしょう。あと、お腹をちょっと触ってみて弾力のないものも鮮度が落ちています。

 

新鮮な魚の選び方【切り身の場合】

 

切り身のお魚は見るところが限られているのでなかなか鮮度を見分けるのは難しいですが、こういったものは鮮度が落ちているといえます。

  • ツヤがなく黒ずんでいる
  • 切り口が弧を描くようにだれている
  • パックのそこに汁が溜まっている

 

身が締まって色艶が良く、触っても凹んだ状態にならず血合いの色がハッキリしているものがいいです。血合いというのは身の色が濃い部分のことで、時間が立つとこの血合いの部分は濃い赤色から黒味を帯びてきます。

 

白身のお魚の場合、時間が経つと透明感がなくなり白濁してきます。美味しいお魚は脂が乗っているので表面がキラキラしています。

まとめ

新鮮なお魚の見分け方は一尾のままであっても切り身であっても、弾力のないものや、血合い、エラなど血の色が反映される部分が茶色であったりする場合は鮮度が落ちてるといえます。

全体の色、ツヤ、身の張り、血合いなどで判断するようにしましょう。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■