料理してるときってお腹すきますよね。そんな我家に常備してあるのがミックスナッツ!

フライパンが温まるまでのほんのちょっとの時間にポリポリ♪

引き出し開けたついでにポリポリ♪

ほんのちょっとの隙間時間にポリポリするから食べ過ぎる心配もありませんし、なにより美容にいいって話。



ミックスナッツがママのおやつに最適な理由

ナッツが美容や健康にいい、ダイエットに適していると聞いて早速購入したミックスナッツ。ちょっと高いなと思ったものの、美しさには替えられません。だってママがキレイな方が家族だって嬉しいですよね?

これは塩分あるタイプなんですが、本当は塩分ない方がいいんです。

でもねー、塩分があったほうが美味しいんですよ(笑)

つい誘惑に負けました。

入っているナッツは、[カシューナッツ・アーモンド・くるみ・ヘーゼルナッツ・ピカン・ピスタチオ・マカデミアナッツ] の7種類です。

 

 

ナッツと言えば油分が多く高カロリーなのですが、その油分が不飽和脂肪酸という体内では作ることが出来ない成分が多く含まれているんです。

※高カロリーなので食べ過ぎ注意です。

ナッツに含まれる不飽和脂肪酸というのは主に青魚に含まれるDHAとかEPAとかのオメガ3系脂肪酸とオリーブオイルとかごま油などに含まれる植物由来の脂肪酸オメガ9系(主にオレイン酸)に分かれ、くるみがオメガ3系、その他のナッツはオメガ9系のものが多いです。

 

オメガ脂肪酸って?

 

オリーブオイル

 

くるみにはオメガ3系といいましたが、正確に言うと、くるみにはαリノレン酸という必須脂肪酸が含まれていて摂取すると体内でDHAやEPAに変換される、という仕組みになります。

で、それがどう美容にいいのかというと

■オメガ3脂肪酸

血中の善玉コレステロールを増やして血液サラサラに。血液の流れが良くなることで血中の酸素や栄養が隅々まで届きやすくなり、結果として生活習慣病の予防や体内の老害物を体外に排出する効果が期待できます。

体内で変換されたDHAは脳まで到達できる栄養素の一つで、脳の伝達機能に欠かせない成分の原料。脳の活性化を促し、集中力や判断力を高めます。

■オメガ9脂肪酸

ナッツに含まれるオメガ9系は主にオレイン酸。体内の活性酸素と結びつくことで、コレステロールや中性脂肪が酸化すること(過酸化脂質)を防ぎます。すごく平たく言うと体が錆びないようにする効果が期待できるということです。また、血中の悪玉コレステロールを低下させ肝機能も良くなるそう。

特にくるみに多く含まれている「オメガ3脂肪酸」は認知症の予防やうつ病のリスクを軽減したりメタボの予防に役立ったりと大活躍。

オメガ3は熱に弱い性質があるのでお魚で摂ろうと思うと刺し身くらいしか選択肢がないのですが、くるみならそのまま食べられるので生魚が苦手なわたしには嬉しいです。

 

スポンサードリンク


それぞれのナッツの効果を簡単に

■アーモンド

ビタミンEをはじめミネラルや食物繊維が豊富。便秘解消にも役立ちます。

■カシューナッツ

亜鉛や鉄といったミネラルが豊富。鉄分も多く貧血気味の女性におすすめのナッツです。

■くるみ

血管を柔らかくするαリノレン酸が豊富。動脈硬化や生活習慣病の予防に一役買うかも。

■ピスタチオ

食物繊維とカリウムが豊富。カリウムには体内の余分な塩分や水分を排出する効果があるので、高血圧やむくみにピッタリ

■マカデミアナッツ

悪玉コレステロールを減少させる働きがあるオレイン酸を含んでいるため、血管を強くして血液サラサラ効果も。

■ヘーゼルナッツ

抗酸化作用があるオレイン酸をアーモンドの1.6倍も含んでいる。抗酸化作用により老化予防の一助にも。ミネラルも豊富なので肌の調子も整えてくれる。

まとめ

ナッツ類には不飽和脂肪酸の他にも食物繊維やミネラルなども豊富で、その栄養素の効果で腸内環境や肌の調子を整える効果が期待でき、さらにはオレイン酸の抗酸化作用により、細胞の劣化(サビ)を防いで老化防止に一役買ってくれるということなんですね。

くるみに含まれるαリノレン酸は体では作られない栄養素なので積極的に摂取したいですよね!

 

カロリーが高いので、たくさん食べすぎたらダメですが、小腹が空いた時にちょこっと食べるにはいいですよね。どうせ食べるならキレイになれるほうがいいですもん^^

スポンサードリンク



■関連記事■