暑い季節になってくるとお風呂は湯船に浸からずにシャワーで済ます方も多いのではないでしょうか?湯船に入ると湯上がり汗だくですしね(笑)

でも汗だくになってでも湯船に浸かることのメリットって実は多いんです。今回はそんな知らないと損するかもしれないいろいろな湯船の効果をご紹介します。



湯船に浸かるとこんな効果やあんな効果が!

お風呂にはいることで得られる嬉しい効果はこんな感じ。

 

  • 血流が良くなることでの疲労回復効果
  • 水圧によるマッサージ効果
  • リラックスして寝付きが良くなる
  • 毛穴の汚れや老廃物の排出
  • 免疫力アップ

 

一つづつ見ていきますね。

 

血行が良くなることで代謝アップと疲労回復

湯船に浸かると体が芯から温まります。それによって血流が良くなり老廃物や疲労物質などが排出されやすくなり、疲労回復につながります。

 

さらに炭酸ガス(二酸化炭素)が発生する入浴剤を併用することでさらに効果が高まります。

お湯に溶け込んだ二酸化炭素が皮膚から浸透、体が二酸化炭素の濃度を下げようとして血管を拡張。酸素を持った血液を循環させようとすることでさらに血流がよくなり疲労回復が促進されます。

 

リラックス&入眠効果

少しぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が高まりリラックスできます。さらに温まった体が徐々に冷めていく過程で副交感神経が優位になり眠りにつきやすくなります。

(※湯温は夏は38℃~39℃くらい、冬は38℃~40℃くらい)

 

人が眠りに入るときは体温が少し下がり始めるときなので、予め入浴で体を温めておくことで睡眠を促す(入眠)という効果があります。

 

湯船の水圧によるマッサージ効果

湯船に入ると当然お湯の中に入るので水圧がかかります。全身浴で肩まで浸かれば520キロもの圧力が働きます。そして水の中は浮力があり、空気中の約9分の1しか重さを感じないため、関節や筋肉が重力から開放されてて緊張をほぐします。

 

特に足元というのは重力によって血液やリンパ液が滞りむくみやすいです。湯船の浮力で重力から開放し、水圧によって足元にたまってしまった血液を上へと押し上げることで血液循環を促進し、むくみを取りやすくします。

水圧はリンパや血液の流れを良くして筋肉をほぐすなどのマッサージ効果が期待できます。

 

この水圧のなかで体を動かせば負荷がかかるため、ちょっとした筋トレ効果なんかもあるかも知れませんね^^

 

スポンサードリンク


表面だけじゃなく毛穴の汚れもキレイに!

毛穴に皮脂汚れが詰まったままだと美容成分が染み込みにくくなるだけじゃなく、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。体温よりも3~4℃高いお湯に入ることで毛穴がひらき、汗や皮脂が排出されやすくなります。

また、不要な角質がふやけて剥がれ落ちやすくなり、ターンオーバーが促進されます。

 

湯船に10分浸かることでからだの約8割の汚れがおちるとも言われているので、ここはしっかり10分入りたいですよね。

 

免疫力アップ

体が冷えた状態では体温も低く、免疫力も低下した状態にあります。

免疫は体温が1℃下がると30%低下すると言われています。つまり低体温の場合免疫が低いといえるんです。お湯に浸かることで体温を少しでも上げて免疫力の回復に努めましょう。

 

ただ、入浴だけでは一時的に体温を上げているだけなので、週に2回ほどヒートショックプロテイン入浴法をされるといいかなと思います。ヒートショックプロテインとは細胞を修復する働きをもつタンパク質で免疫細胞を強化する働きがあります。

詳しくは別記事にまとめてあるのでご興味あればどうぞです。

→ ヒートショックプロテイン入浴法とは?

注意点

夏はいいのですが、冬になると脱衣所の温度が低いことによるヒートショックと呼ばれる現象が起こります。

ヒートショックとは短時間で「リビング(暖)→脱衣所(寒)→湯船(暖)」という寒暖差の激しい移動によって血圧の急激な上昇と下降を引き起こすことを指します。これは体に大きな負荷をかけてしまうためとても危険です。

脱衣所を暖房器具で温めておくなどして温度差をなるべく減らすよう心がけましょう。

 

それから入浴は思った以上に体の水分が失われるので、入浴前や入浴後にコップ1杯お水を飲むなどして水分補給しておきましょう。

 

まとめ

湯船に浸かることでマッサージ効果やリラックス効果が得られ、さらにシャワーだけでは落としきれない老廃物や毛穴の詰まりなどもきれいにしてくれるなど、嬉しい効果がたくさんあります。

湯船に入ってキレイに、そして健康で快適な毎日を送れるようにしたいですね。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■