最近よくスーパーなどで見かける甘酒。以前は冬に温めて飲んでほっこりする飲み物でしたが、今は夏にアイスで飲んだりするほどで、ほぼ一年中見かけます。

甘酒は栄養価が高いことが注目されて、テレビで紹介されたことがきっかけでブームになったようで、その栄養価の高さは栄養補給用の点滴とほぼ同じことから「飲む点滴」とも呼ばれ、愛飲する人が増えています。



甘酒の種類

甘酒には酒粕を使用して作ったものと、麹を発酵させて作ったものの2種類があります。

それぞれの主な違いはアルコール成分の有無と砂糖の使用、そして栄養素の違いです。カロリー的には砂糖を使用しなければ酒粕の甘酒も米麹の甘酒も大差ありません。

(※酒粕と米麹のカロリー比較ではなく甘酒にした場合の比較です。単体では米麹の方がカロリーは高い)

酒粕を使用した甘酒

 

酒粕は日本酒などのもろみを圧搾したあとにできるものなのでアルコール分が含まれています。酒粕自体に甘みがないので砂糖を使用しますが、その分カロリーは高くなります。

酒粕を溶かして作るので自宅でも手軽に作ることができます。しかも自分で作れば砂糖の量も調節できるので一石二鳥ですね。

鍋ひとつで簡単♪酒粕で手作り甘酒の作り方

 

酒粕にはタンパク質やビタミンB群、葉酸、食物繊維などが含まれていて栄養価が高いですが、アルコール分が含まれているので飲める人やシーンは限られてしまいます。

 

酒粕の栄養素が脂肪の蓄積を防ぐ?驚きの効能と効果的に摂取できるおすすめレシピ!

 

米麹を使用した甘酒

 

米麹はお米に麹菌を入れて発酵させて作られます。麹菌の発酵でお米のデンプンをブドウ糖やオリゴ糖に変えるため、砂糖を加えなくても自然な甘みがあり、アルコール分が含まれないためアルコールが苦手な方でも安心して飲むことができます。

米麹で作られた甘酒には酒粕の甘酒にはないブドウ糖などの栄養素が含まれているため、飲む点滴と呼ばれるのはこちらの米麹の甘酒の方になります。

米麹の甘酒も手作りすることが出来ます。

炊飯器で簡単☆米こうじの甘酒の作り方

 

甘酒の3つの効果

 

甘酒にはたくさんの栄養が含まれているため、美肌や腸内環境の改善や体力の回復など幅広く、特に甘酒に含まれるコウジ菌や、それによって作られる豊富なビタミン類は体力の回復や腸内環境の改善を手助けする効果があります。

 

特に米麹で作られた甘酒にはビタミンB群が豊富。食事でしか摂取できない9種類の必須アミノ酸も含まれています。アミノ酸は不足すると体力や免疫力の低下や肌荒れ、他にも髪がパサついたりホルモンバランスが悪くなったりします。

 

お肌に嬉しい

甘酒に含まれるコウジ酸にはメラニンを抑制する効果があると言われています。今あるシミが消えることはありませんが、夏の日焼けなどでこれからシミが出来ていくのを防ぐことができれば、若々しい肌を維持できますよね。

その他にも肌のくすみに大敵な糖化を抑制する「抗糖化」の作用もあります。

腸内環境を整える

酒粕の甘酒と米麹の甘酒では腸内への影響が少し違います。酒粕で作った甘酒の方は食物繊維が含まれているため腸内のお掃除的な役割をします。対して米麹の甘酒は善玉菌のエサであるオリゴ糖が含まれているため、腸内環境を良好に保つための条件に一役買ってくれます。

 

腸内環境を整えることでお肌の調子が良くなったり、免疫力アップなどのいい影響が期待できます。

体力の回復

甘酒にはすぐにエネルギーに変換できるビタミンB群や消化吸収を助ける消化酵素が含まれているため、効率的に体力を回復してくれます。

そして米麹に含まれるブドウ糖は脳の唯一の栄養源であり優先的にエネルギーに変換されるので、もうひと頑張りしたいときの体力チャージやダイエット時の小腹が空いたときなどにおすすめです。

 

スポンサードリンク


 

甘酒の飲み方

甘酒を飲む量は1日コップ1杯程度(200cc)を目安に好きな時間帯に飲んでください。

 

朝食前に飲めば食事の量を抑える事ができるので、ダイエット効果が期待できますしエネルギーの補給にも最適です。寝る前に飲めば甘酒に含まれるGABAという成分が興奮を抑えてくれるのでリラックスして眠りにつきやすくなります。

リラックスすると血流が良くなり体に栄養がいきわたりやすくなるので美容効果を期待するなら夜が効果的です。

 

甘酒の選び方

甘酒を選ぶなら、飲みやすさの他に砂糖や添加物が入っているかどうかを確認しましょう。

あまりにも砂糖が入っていたらカロリーも気になりますし、なにより甘すぎても飲みにくい。それにせっかく体にいいと思って飲むのに添加物が入っていたら残念に思ってしまいます。

 

長く日持ちさせるためや喉越しなどを良くするためにたくさんの添加物を使っているものも中にはあります。表示をよくみて確認し、納得したものを購入してくださいね。

 

もし継続的に飲みたいなら味のバリエーションが豊富な甘酒を選んだり、自分でアレンジしたりすると飽きずに続けられます。

まとめ

甘酒には酒粕と米麹で作られた2種類があり、どちらも栄養が豊富でお肌や腸内環境の改善に役立ちます。

また、夏バテや風邪を引いたときなど、食欲がなく体力が低下しているときに飲むことでエネルギーを効率的に補給できるため、まさに「飲む点滴」。

 

ここぞというときの体力回復や、美容のために継続的に飲んだりなど、自分の目的に合わせて甘酒を活用してみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク



■関連記事■