疲れて見える目の下のクマ。出来ることなら消しゴムで消し去ってしまいたいですよね。クマさえなければもっと若くみえるはず・・とも思いますしね。

クマには『青クマ・茶クマ・黒クマ』の3種類があり、基本的に青クマは血行不良、茶クマは色素沈着、黒クマは皮膚のタルミによってできる影が原因。

例えば色素沈着が原因なのに血行を良くするための対策をしていては治りません。

まずは自分のクマの原因を把握することから始めてみてください。




クマの種類は青・茶・黒の3つ

クマの種類は3つあり、それぞれ原因も違います。しかも単体ではなく複数の原因が組み合わさっている複合タイプであることも考えられます。

心当たりが複数ある場合は一つの改善方法ではなく、心当たりの原因をすべて潰すようにしましょう。

青クマは血行不良が原因

青クマは目の周り・顔・体の血行不良が原因。主に寝不足や体調不良のときや仕事などで疲れた夕方以降に出来やすいです。

パソコン作業やスマホの使いすぎによる眼輪筋の動きの少なさ、長時間のデスクワークで体の動きがないために発生する首・肩・背中のコリによる血行の悪さ、エアコンの効いた部屋に長時間居ることによる冷えなどの血行不良、慢性的な貧血でも青クマになることがあります。

目の周りは皮膚が薄いため血行の悪さが見えてしまっている状態です。

青クマを改善する方法は血行を良くすることです。

血流改善で青クマを治す

 

茶クマは色素沈着が原因

悩む女性茶クマは目をこする癖があったり、アイメイクを落とす時にクレンジングで目を擦ることで起きる色素沈着が原因です。

血流を良くしても全く改善されない、寝ても消えない・・という場合は茶グマの可能性が高いです。

色素沈着が改善されるまで目をこすらず、メイクでカバーしながら様子をみましょう。

色素沈着を改善して茶クマを治す

黒クマはたるみが原因

黒クマは目の下が影になって出来ます。

原因は加齢による下瞼のタルミや過度なダイエットによる目の周りのくぼみ、むくみや下まぶたの筋肉の衰えなどです。

目の下の皮膚を少し横に引っ張ったり、顔の角度を変えたときにクマの見え方が変わったら黒クマである可能性が大。

少し時間がかかりますが顔のストレッチや筋トレなどでたるみを改善するのが有効です。

 

目の下のたるみを改善して黒クマを治す

 

クマの治し方

クマを治すには時間がかかります。

クマの原因によって血流改善・色素沈着・たるみ改善など、自分に出来ることから少しづつ生活に取り入れていくといいでしょう。

血流改善で青クマを治す

特に青クマに有効です。目の周りだけじゃなく、顔・頭・首・肩など全体的に血行を良くすることを意識しましょう。

血流というのは全身つながっています。目の周りだけ血行を良くしても他の部分の血流が悪ければうまく循環せず、ほんの一時の緩和になってしまいます。

蒸しタオルなどで目の周りを温めるだけじゃなく、首や肩を回すストレッチなどをセットで行うと効果的です。

パソコン作業の多い方は目の動きや瞬きの回数が少ないため、目の筋肉(眼輪筋)が運動不足になり血行が悪くなります。意識的に視線を遠くにしたり目を動かすようにしてストレッチしましょう。ツボ押しも効果的です。

デスクワーカー必見!仕事の合間に簡単ツボ押しで疲れ目解消!

血流改善方法まとめ

  1. 目の周りを温める ホットタオルや目を温めるグッズを使ってじんわり目を温める
  2. 体を温める 半身浴や軽い運動、ストレッチなどをする
  3. 目の周りにクリームなどをつけて優しくマッサージし
  4. 肩や腰など体全体をマッサージしてリラックスする
  5. バランスのとれた栄養価の高い食事を摂る 特に鉄分をしっかり取る

 

▼クマ専用アイクリーム血行を促進してくれます。
月夜輝(つきよか)

色素沈着を改善して茶クマを治す

色素沈着に美白化粧品はあまり効果がありません。根本的な原因が『目を擦る』ことなので、それをやめなければいくら素晴らしい美白化粧品を使ってもクマは改善されません。

目を擦ることで肌への刺激になり、痒みや乾燥を引き起こす可能性もあります。

対策としては、とにかく擦らない。

クレンジングや洗顔は出来る限り優しくし、乾燥による刺激を避けるために保湿もしっかりと。特に夏の紫外線は肌の水分を奪い乾燥させます。

色素沈着が落ち着くまでは擦らないように気をつけながらメイクでカバーするようにしましょう。

茶クマ改善まとめ

  • 丁寧に優しく洗顔する。特に目の周りはアイメイク専用のクレンジングを使う
  • 目の周りを乾燥させないようにしっかりと保湿する
  • 色素沈着が落ち着くまでメイクでカバー

目の下のたるみを改善して黒クマを治す

加齢や筋肉の衰えによってできる黒クマは普段から目の周りの筋肉を鍛えて表情筋を使うことで解消されていきます。

顔の筋肉を鍛えるための顔ヨガがおすすめ。たるみだけじゃなく顔の血流が良くなるので青クマにも効果的です。一週間くらい気合い入れてやるといつの間にかクマが無くなっています。

▼ほうれい線に効くって書いてありますがクマのほうが効果ありました。

※茶クマには効果ありません。

顔ヨガ面倒くさいなら『目をギューっと閉じてパッと開く』という運動をすると眼輪筋が鍛えることができます。

 

その他にも保湿効果の高いセラミド配合の目元専用クリームを使うと肌がふっくらします。

セラミドは保湿成分を抱き込んで肌の内部に留まらせる効果があるので、シワやたるみを目立たなくさせ肌にハリがでます。

 

▼セラミド配合の保湿アイクリーム

メモリッチ

クマを消すおすすめコンシーラー

クマはすぐに改善できないので、メイクでカバーする必要があります。メイクで隠せるクマは青クマと茶クマ。黒クマはたるみなどが原因でできる影なので効果は薄いと思います。

クマを隠すためのメイクの基本はコンシーラーですが、おすすめなのがケサランパサランの「アンダーアイブライトナー」です。

見た目パウダーっぽいですがクリーム状で保湿力もいいです。

オレンジが濃い目の色をしてるので「大丈夫かいな・・」と思いますが、その後のせるイエローがいい感じで緩和してくれ、ハイライト効果もあるのでかなりきれいにクマが隠れます。

ベースメイクの後に使用するとありますが、リキッドファンデーションをお使いならその上からでも大丈夫。できれば付属のチップではなく、安くてもいいので専用のメイクブラシかスポンジがあると馴染ませやすいです。

クマの治し方:まとめ

目の下のクマは3種類原因があるとお伝えしました。

クマの種類によって血流改善、色素沈着、たるみケアと、方法は違います。大事なのは自分のクマのタイプによって対処方法を変えること。一つの種類だけじゃなく複合タイプの可能性もあるので一つの方法を試しただけで諦めないことです。

 

クマの改善には時間がかかります。

それまではメイクで隠しながら改善していくのがベストと思います。

 

月夜輝(つきよか)

■関連記事■