強い紫外線を眼に浴びると直接肌に紫外線が当たらなくても日焼けする原因になったり、眼病のリスクが高まると言われています。そのため日差しが強くなる季節になると紫外線から眼を守るためにUVカットサングラスの使用を考える方が増えてきます。

UVカットサングラスの選び方で重要なのがまず紫外線透過率やUVカット率。でもその表記の仕方も様々で『UVカット』や『UV400』とだけ書かれているものもあり、少しわかりにくいものも存在します。

その他にも

  • 眼への悪影響はあるのか?
  • 値段の差は何が違うのか?
  • レンズの色はどんなの選べばいい?
  • サングラスの寿命ってどのくらい?
  • おすすめのサングラスを知りたい!

などなど、サングラスを選ぶ時に知りたいことはたくさんありますよね。

この記事ではそれらを一通りまとめてありますので、全部読むのが面倒なかたは目次から知りたい項目を選んで拾い読みしていただければと思います。



サングラスのUV400や紫外線透過率の意味

 

サングラサスのUVカット性能の表記はいろいろあるので、何がどう違うのかわかりにくいです。

一般的にUVカットやUVケアとだけ表記されているものは近紫外線をカットする制限があり、基本的にこの近紫外線の波長を315NMまで(紫外線B波)しかカットできません。

紫外線カット率や紫外線透過率の数値が明確に表記されているものを選ぶようにしましょう。

「UV400」の意味と紫外線カット率

紫外線カット率で表記されているものは「UV400」や「紫外線カット率◯%」などと書かれています。

紫外線にはA波・B波があり、それぞれ波長が違います。

紫外線の波長

  • A波:400NM~315NM
  • B波:315NM~280NM

※NMはナノメートルと読みます

「UV400」と表記されているサングラスは肌の奥まで入り込んでしまう「UV-A」の400NMまでをカットするという意味なので、降り注ぐ紫外線のほとんどをカットしてくれます。

同じように「UV380」と表記されているものは、紫外線A波の波長380NMまでカットするという意味になります。

紫外線透過率

紫外線透過率は紫外線がレンズを通過する量を%で表記していて、数字が小さいほどカット率が高くなっています。例えば「紫外線透過率1%」と表記されているものは紫外線カット率99%ということです。

同じような表記で可視光線透過率というものがありますが、これは紫外線ではなく光がレンズを通過する率になります。レンズが透明に近いほど可視光線透過率は低くなります。

可視光線透過率だけが記載されている場合、紫外線カット効果はないので注意が必要です。

スポンサードリンク


UVサングラスの色が濃いと眼に悪影響?

UVサングラスのレンズは色が濃いものやクリアレンズ、青系・黄色系などカラーも様々で、どの色が一番UVカット率が高いの?など疑問もありますよね。

でもレンズの色や濃さとUVカット率は関係ありません。

無色透明のクリアレンズでも紫外線カット率100%の商品もあります。

レンズの色が濃いと眼に悪影響?

色が濃くて暗い色のレンズだと光を取り込むための瞳孔が開いてしまうため目が紫外線を吸収しやすい状態になり、眼に悪影響があると思われることがあります。

眼の角膜には紫外線の大部分を吸収する機能があり、角膜で吸収しきれなかった紫外線はその奥の水晶体で吸収されます。そのため瞳孔が開いた状態だとより多くの紫外線が水晶体まで到達してダメージを与えると考えられます。

 

ですがそれはUVカット効果のないサングラスの場合。

紫外線カット率が高いサングラスであればレンズごしに入ってくる紫外線はほんの少しです。例えば99%紫外線をカットするサングラスなら1%しかサングラスを通過しないため、それ以上の紫外線は眼に到達できません。

厳密に言えばサングラスと顔の間の隙間から入ってくる紫外線というのがあるので、もう少し眼に到達する量は増えますが、帽子をかぶったり少しレンズが大きめのサングラスを選べば隙間から入ってくる紫外線を減らしたり、入ってきても眼まで到達する確率を下げることができます。

どうしても気になる方はクリアレンズのサングラスを使用すると良いでしょう。

レンズカラーはシーンに合わせて

レンズのカラーは濃いものだけじゃなくブルーやイエローなど様々な色がありますよね。基本的にはお好みで選べばいいと思いますが、色によって少し効果の違いもありますのでレンズ選びの参考にしていただければと思います。

  • グレー系・・眩しさを軽減してくれる色。眩しいのが苦手な方におすすめ。
  • ブルー系・・眼が疲れにくい色。赤系の光や車のヘッドライトを和らげてくれます。
  • ブラウン系・・チラツキの原因になる青色系の光を抑えてくれます。遠近がはっきりするのでゴルフや日中の運転に最適
  • グリーン系・・平均的に光を抑えるので自然な視界を保ってくれます。

参考:Zoff公式オンラインショップ

スポンサードリンク


偏光レンズや調光レンズはUVカット効果のあるものを選ぶ

反射による見づらさを軽減する偏光レンズ

通常の色付きサングラスは眩しさを軽減しますが、水面や雪の照り返しや車のフロントガラスの反射光などをカットすることはできません。

偏光レンズは反射して眩しい光などをレンズ内の特殊なフィルターでカットする色付きのレンズで視界をクリアに保ってくれるので、釣りやスキー、日中の運転などにおすすめなレンズです。

偏光レンズだけでは紫外線カット機能ついてないものがあります。偏光レンズを選ぶときはちゃんと確認するようにしましょう。

紫外線による眩しさを軽減する調光レンズ

調光レンズは紫外線が当たると色が変わります。

光ではなく紫外線によって色が変化するので、曇りの日や木陰などでも紫外線が強ければレンズの色は濃くなり、屋内では透明になります。

度付きを選べば屋内ではメガネ、屋外ではサングラスと、2Wayで使用できるので便利です。

ただし調光レンズは濃い色から薄い色になるまでに多少の時差があるため、トンネルや屋内駐車場などの紫外線が届かない場所に急に入ると見えづらくなる場合があります。

UVカットサングラスの値段の差は何が違う?

サングラスの値段は千円前後から数万円以上するものまであり値段に幅があります。

一般的に値段が高いサングラスはレンズに歪みがなく均一なため長時間使用していても眼が疲れません。紫外線カットもレンズ表面にUV加工してあるのではなく、製造段階で紫外線吸収剤を練り込んで加工してあるレンズを使用しているものが多いので、寿命も長い傾向にあります。

その他にもフレームや使用している部品など、細かいところで耐久性が良いものを使用していたりデザイン性が良いものも多いです。

安いUVサングラスは『UVカット加工』とだけ表示されていてどのくらい紫外線をカット出来るのか表記されていないものもあり、コストを抑えている分経年劣化、つまり耐久性が低いと考えられます。

ただ、安くても高くても『紫外線カット率99%』などと表記されている効果に違いはありません。

スポンサードリンク


UVサングラスの寿命と買い替え時について

サングラスの寿命にはフレームなどが傷んでくる経年劣化によるものと、レンズのUVカット能力の低下があります。

UVカットサングラスのレンズには表面にUVカット加工がされているものとレンズ自体に紫外線吸収剤を練り込んで製造してあるものがあり、一般的にはUVカット加工されているものは2年、紫外線吸収剤が練り込んであるレンズは5年と言われています。

UV加工されたレンズは表面に傷が付けばそこから紫外線が入る可能性が出てくるので早めの買い替えが必要になりますし、紫外線吸収剤が練り込んであるレンズも吸収できる紫外線に限界があります。

メガネ屋さんによって紫外線カットの計測器が設置してあるところがあるので、計測してみてサングラスに表記してあるUVカット率を下回っている場合は買い替えを検討されると良いと思います。

フレームなどの経年劣化については取り扱いや保管の状況、あとは部品の耐久性などによって変わってきます。

サングラスを洗浄する時に使用する洗剤が酸性やアルカリ性だと変色などの恐れがありますし、プラスチック製だと60℃以上の高温で変形の可能性があります。

UVカットサングラスのおすすめ

UVサングラスでおすすめはJINSやZoffなど。

Zoffは無色透明のクリアレンズで紫外線カット率100%のサングラス(この場合メガネ?)なので、色付きサングラスに抵抗がある方におすすめです。ダテメガネ感覚で使えます。

Zoff公式オンラインストア

 

JINSは好きなフレームに好みのレンズを付けてもらえるので自分好みのサングラスに仕上がります。もちろん紫外線もバッチリカットします。

JINS公式通販ショップ

 

あと、最近知り合いが付けてていいなと思ったのが『チョコサン』というサングラス。

鼻でおさえる部分がないので跡がつかないし鼻も痛くならず汗もたまらないです。

 

サングラスはレンズの性能や機能、耐久性、カラーなどいろいろありますし、値段も高いもの安いものあります。デザインも流行などあるのでリーズナブルは値段のものを購入して毎年買い換えるというのも一つの選び方だと思います。

 

スポンサードリンク


■関連記事■