電車に乗り遅れそうになってダッシュかけたら顔汗ヤバ!なんてことないですか?

一応汗に強い化粧品使ってるけどメイク崩れも気になるし、特に鼻の下の玉みたいな汗が恥ずかしい・・(;・∀・)

そんな顔汗(特に鼻の下!)を止める方法をお伝えしていきますね!



鼻の下の玉のような汗の意外な原因

脇の下や顔などの心臓に近い場所は汗腺の活動が活発なので、もともと汗をかきやすい場所であるのに加えて鼻の下は汗を出す汗腺がたくさんあります。だから鼻の下は汗をかきやすいんですね。

 

汗の役割は水分の蒸発によって体温を下げる体温調整なんですが、運動不足の人というのは顔汗をかきやすいと言われているんです。

運動不足の人の汗腺はほとんどが休んでいるような状態にあり、その反動で顔に汗が集中してしまいます。体に熱がたまりやすいため、汗をかくことによって体内に溜まった熱を下げようとした結果、大量に汗が出てしまうんだそう。

緊張してどきどきすることも、たくさん汗をかいてしまう原因です。

「鼻の下に汗をかいたら恥ずかしい!」と自分を追い詰めると余計に緊張がまして汗をかき、悪循環になってしまいます。

舞妓さんに学ぶ顔汗の止め方

顔の汗を抑える方法の一つに『半側発汗(皮膚圧反射)』という原理を使った方法があります。

これは舞妓さんが顔に汗をかかないようにと使用している方法で、胸の高い位置を帯で強く締め付けることで胸より上の汗を軽減させるというものです。

確かに舞妓さんといえば真っ白い顔の化粧が印象的ですが、化粧が崩れているイメージはないですよね。

この方法を利用した専用のベルトも販売しています。

 


ブラジャーのホックを普段より一つきつく締めるのでも効果があるそうですよ。

ただ、長時間締め付けるのは苦しいので、一日中制汗をキープしたい!という時には向かないかも知れませんね。

 

首を冷やす

暑い時には首や脇を冷やすと気持ちいいですよね。

首周りには太い血管が通っているため、ここを冷やすとすーっと汗が引いていきます。

熱中症対策用にも首周りを冷やすグッズはたくさん売っています。ちょっとおしゃれさにはかけますが、鼻の下に汗をかくよりは使ったほうがいいかも? 冷えピタをはったり、小さな保冷剤をタオルにくるんで首に巻いても効果があります。

夏用の薄手のストールなどで隠せばそんなに気になりませんよ^^

 

マッサージやツボ押しをしてみる

頭のてっぺんをとんとんと叩いてマッサージすると、熱が発散されるそうです。気持ちがいいのでストレスも発散。リラックスできると制汗にも効果があります。

 

また、舞妓さんも実践している、大包(だいほう)というツボも顔汗を抑える効果があります大包は脇の下の15㌢ほど下にあります。腕組をして指を脇の下に挟んだ時に親指が当たる辺りです。

ここを両脇同時に、痛気持いい強さで力強く押して緩めるというのを2~3分繰り返します。

ちょっと探すのが難しいかも知れないので、手の・・

・・を使って広範囲で押したほうがいいかも知れません。

半身浴や運動をして、汗腺を鍛える

日頃から汗をかくくらい運動をすることで汗腺が鍛えられます。「運動をすると汗腺が開いて余計にい汗をかくんじゃない?」と思うかもしれませんが、顔汗に関して言えばそんなことはありません。

今まで顔に集中していた汗が、体の汗腺が開くことによって全身に分散されると考えられます。いい汗をかいて運動すればダイエットにも繋がり、一石二鳥ですね。

激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動などを日常的にするのがいいでしょう。

スポンサードリンク


汗でも崩れにくいメイクのポイント

まず、化粧水などのスキンケアはメイクの10~20分くらい前に済ませておきましょう。スキンケア直後は成分がまだ肌に馴染みきっていないので、化粧がヨレる原因になります。

暑い部屋で汗をかきながらでは綺麗に化粧ができません。化粧前に首を冷やすなど、顔をクールダウンしてから化粧しましょう。

どうしても汗による化粧崩れが気になる場合は顔用の制汗剤を使うといいでしょう。私も使っていますが使用感いいですよ!

【サラフェ】

気になる鼻の下は特に化粧がよれやすいので、ほんのり薄くファンデーションを塗りましょう。気になるからといってたっぷり塗っては逆効果です。

こまめに汗を拭けるように、いっそのこと鼻の下や口周りは下地だけでもいいくらいです。また、パウダータイプよりも、肌に密着するリキッドやクリームタイプのファンデーションがおすすめです。

 

まとめ

普段から運動や規則正しい生活を心がけ、リラックスした精神状態でいられることが、根本的な汗対策になりそうですね。

汗っかきの人は体質や遺伝に依るところも多いですが、日頃の生活を見直してみてもいいかもしれません。

ただ、あまりにも大量の汗を鼻の下や口の周りにかく場合は、心臓病など重たい病気が隠れていることもあるようなので、「これは尋常じゃない!」という場合は受診した方が安心です。

せっかくキレイに化粧しても汗で崩れてしまったら台無しです。ぜひいろいろ試してみてくださいね!

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■