表情筋をトレーニングするアイテム「PAO」。以前からずっと気になっていて、ついに買ってしまいました・・(^_^;)

だってフェイスラインやほうれい線が気になる40代ですもの。

で、実際に使ってみた感想と、使う時にちょっと気をつけたほうがいいなと思うところをまとめましたので、参考にして頂けましたらです。



まずはPAOの中身の確認

おもりがミントグリーン(18g)・ピンク(23g)・ピンクゴールド(28g)の3種類と、PAO本体を入れる袋がついてます。

もちろん取説や使い方ガイドも付いてますが写真に入れるの忘れました。。。

 

 

実際に口に加えるマウスピースの部分はプラスチック製のカバーが付いていて清潔に保つことができます。マウスピースはゴム製?(熱可塑性エラストマーと書いてありました)で、ツルツルとした作りではないため、洗った後タオルで拭くとケバケバがつきます。

 

マウスピース部分も取り外しが可能です。マウスピースは消耗品だそうで、劣化したら交換する必要があります。

 

もちろん重りも自分の筋力に合わせて簡単に交換できます。

 

スポンサードリンク


PAOを実際に使ってみた感想

最初は上手にくわえられなくて苦戦しました。歯を使わずに唇の力でくわえるというのが難しい・・。吸い込むようにするとかなり安定しますが、それでもなれないうちは内側の唇に歯が当たったりしてました。

 

首を縦に振って左右の重りを揺らして顔の筋肉に負荷を与えるようになってるんですが、左右の重りの振れぐあいと自分の首の振り具合がマッチしないと上手く振れず、「う~~ん、上手く揺らせないなぁ・・」と、これもまた苦戦しました。

あとですね、首への負担がちょっとあるかもです。これはわたしが上手く振れていないせいなのかも知れないんですがちょっと首が・・(^_^;)

もしかしたらPAOを使ってるうちに首も筋力つくかも・・なんて思ったりして。

スポンサードリンク


PAOを上手く振れない時は足を使う!

首で上手く振れなかったので、立った状態でかかとを上げ下げしてPAOを揺らすことにしました。わたしにとってはこの方がリズムが取りやすかったです。

 

PAOを使ってるうちに段々くわえ方も慣れてきまして、「いや~、なんでも慣れだね」なんて思いながら使っています。

使用場所は洗面所がいちばん使い勝手がいいですね。口にくわえるものだからすぐに洗えるほうがいいですし、鏡が目の前にあって揺れ具合とか確認しやすい^^

 

収納袋に入れてS字フックとかで引っ掛けておけば収納場所にも困りませんしね。

スポンサードリンク


PAOを使ってみた効果は?

 

使いはじめてまだ1ヶ月ていどなんですが、フェイスラインが若干引き締まってきた気がします(*^^*)

PAOは重りもそうなんですけど、PAO自体がある程度重さがあるので筋肉には確実に効くなといった印象ですね。

実際にこの1ヶ月で重りもピンクからゴールドに替えてますし、揺らすことの慣れもあるかもなんですが顔の筋力はついてきている印象です。

 

自力で顔に筋力をつけるためには他に表情筋を鍛える顔の体操などもありますが、シワが深くなるんじゃないかと気になります。

でもPAOならその心配がないのが嬉しいですよね^^

 

一回30秒~90秒と短時間なので忙しくても続けやすいですし、PAOくわえながらテレビ見てゆらゆら揺らしたりもできます。

お肌の張りを補うための美容系サプリやドリンクなどもいいんですが、肌を支える土台(筋肉)がしっかりしてないと・・っていうのはもうある程度の年齢になればどうしても避けられませんし、致し方ない部分でもあるのかなぁと思ったりします。

 
何歳になろうが若く見られたいし、キレイでいたいというのが女子というもの!

朝晩の歯磨きついでにPAOを使って、ほうれい線や口元のたるみを引き締めて「◯歳なんてうそっっ?!」な~んて言われるようになったら嬉しいですね。

 

スポンサードリンク



■関連記事■