お米って取り合えず買ってきたら米びつに入れておけば安心みたいなイメージありますけど、そういうわけでもないみたいです。

シンクの下とか、結構湿気が多くて米びつに入っていても意外と米の保管には向かないらしいんですよね。

 

じゃあ一体どこならいいんですか!

ということで、お米のベストな保管場所と賞味期限などをまとめてみました。



お米の保存は冷蔵庫がベスト

お米は常温保存するイメージがありますが、なるべく冷蔵庫にに保管するのが望ましいです。米袋にもそう書いてありますしね。

 

 

お米の天敵は湿度、高温、虫、ニオイです。

お米はニオイが移りやすいですし、温度と湿度はカビや虫の発生の原因になります。また、日光や乾燥した空気に長く触れさせるとお米がヒビ割れたり、炊いた時にべたつくことがあります。

湿度と温度をできるだけ一定に保ち、虫とニオイを寄せ付けないために密閉容器に入れて冷蔵庫などの冷暗所で保存するのが、お米の劣化を防ぎ新鮮な状態で保存する秘訣なんです。

 

冷蔵庫に入れておいても、ドアのの開け閉めによる温度差でお米が結露してしまう事があります。結露はカビの原因になってしまうので、冷蔵庫でもなるべく野菜室などに入れ、1~2ヶ月を目安に食べきるようにしましょう。

米の賞味期限について

 

 

米の袋には賞味期限の記載はなく精米年月日のみです。米は野菜や果物などと同じ扱いでなので賞味期限の表示義務はないんだそう。

これは各家庭で保存状態が違うことで食べられる期間が変わってくるため、自分で判断するしかないということだと思います。

 

米に賞味期限はありませんが、一般的に美味しく食べられる期間は春夏で約1ヶ月、秋冬で約2ヶ月ほどなんだそうです。でも美味しく食べるなら・・の賞味期限なので、カビが生えてたり虫が湧いていたりしなければ数ヶ月でも全然いけるんじゃないでしょうか。

保存状態にもよるので自分の目で判断するしかなさそうです。

 

ちなみに未開封であっても米の袋には小さな穴が空いている事が多いので、賞味期限は開封後でも未開封後でもあまり変わりません。お米を長く持たせるなら保存方法や保存場所の方が大切です。

ちなみに袋に穴が空いているのは配送の時の荷崩れ防止や積み重ねた時にパンクしないためなんだそうです。でも最近では穴の空いていない密封パックも売ってます。

 

ほらこれ↓あきたこまちで9キロ入りです。我が家の米なのでリンクにはなっておりません(笑)

何ヶ月も忘れてたお米を食べられるかどうかの目安

何ヶ月も放置していたり、思ったよりも消費されずに長期間残ってしまった・・なんて時のお米を食べる時は

虫が湧いていないか、カビが生えていないか、黒や黄色などに変色していないかなどを目視でチェックして、一度炊いて見るといいでしょう。

米を洗った時、水がなんか黒いなど変な色をしていたらカビが生えているかも知れないので廃棄します。

 

 

虫がいた場合

白米に付着する虫は「コクゾウムシ」一般的。飛んで来るので密封してない場合は要注意です。

コクゾウムシは米の中に卵を産み、孵化した幼虫はその米の内側から米を食べ、ある程度成長したら出てきます。米の内側に卵を生むのでパッと見た感じではわかりません。成虫がいるかどうかで判断します。

食べても健康被害はあまりないようですが、体質によってはアレルギー反応がでることもあるんだそうです。それに何より気持ち悪いですよね・・。

何ヶ月も放置していた米に虫が湧いていたら廃棄してください。

 

米を水につけると、虫に食べられたような傷んだ米は浮いてくるので、米とぎの時にあまりにも浮かんで来る米が多い場合はもう一度よ~~~く見てみたほうがいいかも知れません。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

お米を保存する時は湿度・温度・虫・ニオイ移りなどを防ぐために、密閉容器にうつして冷蔵庫に保管すると美味しい状態を長く保て、安心です。

長期保存した白米は温度変化などで酸化が進んで乾燥し粉を吹いていたり、古米臭がしたりします。美味しくはないかも知れませんが食べられる事も多いので目視で確認後、異常なさそうと思ったら一口食べてみて判断するのもありではないでしょうか。

 

でもちょっとでも怪しいと思ったら捨ててくださいね。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■