ご飯を保存する時、冷蔵庫で保存しておくと固くなってポソポソになってしまいますが、冷凍保存なら長期間美味しい状態で保存できます。

ご飯炊き忘れた!なんて時も助かりますしね。

今回はごはんを美味しく冷凍&解凍する方法をまとめました。ご参考にして頂けましたらです^^



ふわっと冷凍でご飯をおいしく保存

 

ご飯を美味しく冷凍するコツはふわっと包むことです。

ご飯を2~3㌢ほどの厚さで平らにして一膳分ずつふわっとした状態で包みます。

ラップをふわっと包むのではなく、ご飯を押さえつけることなくふんわり平らにした状態で冷凍です。そうすることで均一に冷気が行き渡り早く冷凍できますし、解凍時もムラになりません。

 

 

炊きたてのご飯を冷凍する場合は粗熱をとってから冷凍庫へ入れます。あまりアツアツの状態のまま冷凍庫にいれてしまうと冷凍庫内の温度が上昇して他の食材への影響が心配です。1コや2コならさほど問題ないんですが、たくさんになってくるとお互いの熱気で冷凍されにくくもなります。

 

解凍時のムラとは?

ぎゅっと固めて冷凍してしまうと、どうしても中心部は解凍されにくく、電子レンジで解凍した場合など外は温まっているのに中は冷たいなどの温まりのムラができます。

少し温めてからほぐし茶碗に移してまた温めれば若干防げますが、やっぱり均一に・・というわけにはいきません。

ふんわりと平らにすることでそういったムラがなくなり、冷凍する時だけじゃなく解凍時も均一に早く解凍することができます。

 

ご飯の美味しい解凍方法

 

冷凍したごはんは自然解凍でも電子レンジ解凍でもお好きな方で構いません。自然解凍だとごはんがベチャベチャになるとか、パサパサになるとか聞いたのでちょっと試してみたんですが、大丈夫でした。

 

これが自然解凍したごはん↓

 

夏場(7月中旬)に1時間くらい常温に置いて解凍させたんですけど、パサパサするわけでもなく水がでるわけでもなく、普通に冷めたごはんでした。このご飯は炊きたての熱い状態でラップに包み、冷めてから冷凍庫へ入れているので、もしかしたら違う状況で冷凍された場合はもっとパサッとするのかも知れません。

 

自然解凍するとごはんがベチャベチャになってしまうというのは、外気との温度差が激しい時など、ラップのまま自然解凍するとラップ内に水滴がついて水気がでる可能性を指していると思うので、常温で自然解凍する場合はラップを外してお皿などに移してから解凍してください。

「水滴もそうだけど、ラップを外しておくと虫やホコリが気になる・・」

と言った場合は電子レンジで解凍をしてください。

 

ただ、どちらにしても温めると思うので最初からレンジ解凍の方が手間はありませんが、すごく温め過ぎてしまうご飯が逆に固くなってしまうので注意してください。

 

スポンサードリンク


 

冷凍保存したご飯の賞味期限

 

保存期限は1ヶ月程度を目安に食べきってください。

あくまでも美味しく食べるならの目安になりますので、保存自体はもっと長くても大丈夫です。ただ、どうしても劣化はしますし、長期間冷凍しておくことで冷凍臭もします。

もし冷凍臭がうちの冷凍庫の問題だとしたらスミマセン。

長期間冷凍されたご飯は自然解凍には向かないのでレンジで温めてください。

 

まとめ

  • 粗熱をとってから冷凍
  • コツはふんわり平らに
  • 解凍時はラップの水滴に気をつける

 

冷凍しておけばいざという時に助かるごはんの冷凍。ふんわり冷凍で少しでも美味しい状態で保存しておきたいですよね。

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■