買ってきたお惣菜や昨日の残りの揚げ物などを電子レンジで温め直すとフニャフニャになってしまい、もっとサクッとならないものかなと思ってしまいますよね。

揚げ物を温め直す方法はいくつかありますが、この記事では5つの方法とサクサクにするコツなどをまとめています。




揚げ物をサクサクに温め直す方法

電子レンジは短時間で手軽に温められますが、揚げ物を温め直すと衣がフニャフニャになってしまいますよね。それは電子レンジが食材の内部から温めるという性質をもっているため、揚げ物の中身が先に温まり食材の水分が衣にうつってしまうからです。

揚げ物をサクッと温め直すためには外側から熱を加えて衣の水分を飛ばす必要がありますが、外側からの温め方法は揚げ物の中心部分が十分に温まらない可能性も考えられます。

そのため下記の方法のどれかと電子レンジを併用する方法が最も美味しくサクサクに温められる方法になります。

  1. トースター
  2. フライパン
  3. オーブン
  4. 魚焼きグリル
  5. 揚げ直し

 

まずは電子レンジ加熱

はじめに揚げ物を20~30秒ほどラップなしで様子を見ながら電子レンジで加熱します。ただし唐揚げなどの油分の強いものは軽くはじける可能性があるためふんわりラップした方がいいです。

レンジ加熱の時に油を吸収してくれるシートを敷いて温めると余分な油をカットできてヘルシーに仕上がります。

レンジで加熱後、トースター・フライパン・魚焼きグリルなどで再度あたためてください。

※オーブンや揚げ直しで温めるときはレンジ加熱は必要ありません。

トースターを使った温め方法

トースターで温める場合はアルミホイルを軽く丸めて広げたものを敷いて、その上に揚げ物を乗せて温めます。

一度クシャクシャにしてアルミホイルに凸凹をつくることで、衣とアルミホイルがべったりくっついたり、凹んだ部分に余計な油が落ちるようにして再度衣に油がしみ込むことを防ぎます。

トースターで温める場合は必ずアルミホイルを使うようにしてください。トースターの網に直置きすると揚げ物からでた油がトースターの熱源に滴り落ち危険です。

スポンサードリンク


 

フライパンでの温め方法

油は使わずにフライパンに直接並べて温めます。

加熱中に揚げ物の油が出てくるので拭き取りながら弱火~中火でひっくり返しながら温めてください。目安は片面1~2分程度ですが、焦げないように様子を見てください。

蓋は蒸発した水分がこもってしまうので使いません。

魚焼きグリルを使った温め方

魚焼きグリルは上からの火力が強いので焦げないように注意しながら弱火で温めます。

アルミホイルをクシャクシャにした上に揚げ物を置いてもグリルの網に直に乗せても、どちらでも構いません。アルミを敷いておいたほうがグリルを洗わなくて済む気がしますが、揚げ物ひっくり返す時に箸でアルミホイルを突き破ってしまったり揚げカスが落ちたりするので。

目安は片面1~2分程度。焦げやすいので気をつけてください。あまり高さのある揚げ物には向きません。(焦げるから)

※水は張らずに温めてください。

オーブンの揚げ物温め機能を使った方法

お手持ちのオーブンの揚げ物温め機能を使って温めるときは使用方法に従って温めてください。(←すいません)

たぶんレンジとグリルの機能を使うと思われるので、アルミホイルの使用は避けてください。レンジでアルミホイルを使うと火花が出る可能性があります。

機能を使って温め直しする場合、最初のレンジでの温めは不要です。

スポンサードリンク


揚げ直して温め直す方法

揚げ直す場合もレンジでの温め直しは不要です。

油の温度が低温だとサクッとしないので160~180℃前後(菜箸入れて気泡が出るくらい)の温度で揚げ直します。

あまり高温でも揚げ物の色がすごいことになるので注意です。

揚げ物をもっとサクサクにするコツ


コロッケやカツなどパン粉を付けて揚げているものや、天ぷらなどの衣がついているものは霧吹きなどで両面2回ずつ軽く水を吹きかけでから焦げないように温めます。

霧吹きで水をかけることで衣の内部にに水が染み込み、温めることで水が蒸発。それまで水がいた場所が水分の蒸発により空洞化されることで、サクサクとした食感になります。

揚げ物をサクサクに温め直す方法:まとめ

お惣菜屋前日に余ってしまった揚げ物をサクサクに温め直す方法を5つ紹介しました。

コツとしては最初にレンジで20~30秒温めることです。そのあと霧吹きがあれば2回くらいシュッシュして衣の水分を蒸発させていきます。

注意するポイント

  • アルミホイルを敷くときはクシャクシャにすること
  • 電子レンジでアルミホイルを使用しないこと
  • 火力の強いフライパンや魚焼きグリルを使う時は火力を弱くして焦げないようにすること

冷めてしまった揚げ物は一手間かけるだけでサクサクに戻りますので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

スポンサードリンク



 

 

■関連記事■